MENU

HONDA

検索
Formula 1
モータースポーツ > F1世界選手権 > 第9戦 アメリカGP フリー走行
レース
アメリカ 第9戦 6月19日
アメリカGP
グランプリ情報 プレビュー
フリー走行 予選 決勝 フォトギャラリー
リザルト
グランプリ情報
Rd. Date
01 3/6 オーストラリアGP
02 3/20 マレーシアGP
03 4/3 バーレーンGP
04 4/24 サンマリノGP
05 5/8 スペインGP
06 5/22 モナコGP
07 5/29 ヨーロッパGP
08 6/12 カナダGP
09 6/19 アメリカGP
10 7/3 フランスGP
11 7/10 イギリスGP
12 7/24 ドイツGP
13 7/31 ハンガリーGP
14 8/21 トルコGP
15 9/4 イタリアGP
16 9/11 ベルギーGP
17 9/25 ブラジルGP
18 10/9 日本GP
19 10/16 中国GP
第9戦 アメリカGP
拡大する
アメリカGP初日午後のフリー走行で、バトン15番手、佐藤16番手タイム
6月17日(金)・1日目フリー走行
サーキット:インディアナポリス・モータースピードウェイ 天候:晴れ 気温:24℃

 Lucky Strike B・A・R Hondaのジェンソン・バトンは15番手、佐藤琢磨は16番手タイムで、アメリカGP初日午後のフリー走行を終えた。

第9戦 アメリカGP拡大する
第9戦 アメリカGP拡大する

 北米2連戦の後半戦となるアメリカGP。前戦カナダGPでは、2人のドライバーともにリタイアを喫したため、レースの規定では今回新品のエンジンに交換してもかまわない。しかし次戦フランスGPで新しいエンジンを投入することを見据え、予定通りカナダGPのエンジンを継続して使うことになった。

 アメリカGP初日は晴天に恵まれ、先週のモントリオールのような蒸し暑さもなく、午前中のセッション開始時点の気温は24℃、路面温度は47℃という過ごし易いコンディションとなった。バトン、佐藤ともに前戦同様、最初のフリー走行から積極的に周回を重ねる。1回目のセッションは、それぞれ5番手と7番手タイム。路面グリップはまだかなり低いが、週末に向けて上々の滑り出しとなった。

 午後のフリー走行では、セッション開始早々R・シューマッハ(トヨタ)が最終コーナーのバンク途中でスピン。マシンはコンクリート壁に激しく激突し、約20分間の赤旗中断となってしまった。バトンのギアボックスにトラブルが発生し、ガレージでの作業を余儀なくされたものの、作業はセッション中断中に進めることができ、ほぼ予定通りにタイヤ選択を中心としたプログラムをこなした。2回目のフリー走行でバトンは24周を周回し、15番手タイム。佐藤は10周前後のロングランを中心に26周を走行し、16番手タイムだった。

コメント

ジェンソン・バトン
1回目フリー走行5番手 1分12秒865
2回目フリー走行15番手 1分12秒803
「今日の良かった点は、タイヤの比較が全てできた事と、金曜日に行う通常のテストを全てできた事だね。でも、ペースはあまり上がらなかったし、グリップ不足にも少し苦労している。今夜は忙しくなりそうだ。幾つかの問題の原因は分かっているので、明日にはそれを解決して、もっとペースを上げられるようにしたいね」

佐藤琢磨
1回目フリー走行7番手 1分13秒013
2回目フリー走行16番手 1分13秒037
「去年とても良い結果を出したインディアナポリスに戻って来られて、とても嬉しいです。フリー走行は概ね順調でした。トラブルはありませんでしたし、予定していたタイヤプログラムと、セットアップ作業を完了できました。マシンをもっと速くするためには沢山やらなければならないことがありますが、ここからの前進を期待しています」

ジル・ド・フェラン B・A・R Hondaスポーティングディレクター
「いつもの金曜日と同様に、今日はタイヤ選択とレースのセットアップに集中した。フリー走行中はそれぞれのチームが異なる戦略で走行していることもあり、我々がライバル達の中でどれほどの戦闘力を持っているかを見極めることは非常に難しい。今日の午後は、マシンのハンドリングが完璧ではなかったが、明日に向けてバランスを改善できることを期待している」

中本修平 Honda Racing Developmentエンジニアリング・ディレクター
「ちょっとしたトラブルがあったにも関わらず、2人のドライバー共、多くの周回数をこなしてくれました。カナダGPでメカニック達が琢磨選手のギアボックスを短時間で交換してくれたおかげで、彼の予選出走順はそれほど悪くありませんし、明日は楽しみにしています」

ページの先頭へ
フリー走行リザルト
順位 No. ドライバー コンストラクター タイヤ
1 10 JP.モントーヤ マクラーレン M 1:11.118
2 9 K.ライコネン マクラーレン M 1:11.228
3 2 R.バリチェロ フェラーリ B 1:11.746
4 1 M.シューマッハ フェラーリ B 1:11.758
5 8 N.ハイドフェルド ウィリアムズ M 1:11.825
6 14 D.クルサード レッドブル M 1:12.076
7 35 P.デ・ラ・ロサ マクラーレン M 1:12.119
8 37 S.スピード レッドブル M 1:12.143
9 5 F.アロンソ ルノー M 1:12.265
10 16 J.トゥルーリ トヨタ M 1:12.344
11 6 G.フィジケラ ルノー M 1:12.384
12 12 F.マッサ ザウバー M 1:12.464
13 7 M.ウェーバー ウィリアムズ M 1:12.578
14 15 C.クリエン レッドブル M 1:12.664
15 3 ジェンソン・バトン B・A・R Honda M 1:12.803
16 4 佐藤琢磨 B・A・R Honda M 1:13.037
17 11 J.ビルヌーブ ザウバー M 1:13.079
18 39 R.ドーンボス ジョーダン B 1:13.361
19 38 R.ゾンタ トヨタ M 1:13.567
20 20 P.フリーザッハー ミナルディ B 1:13.783
21 21 C.アルバース ミナルディ B 1:13.963
22 19 N.カーティケヤン ジョーダン B 1:14.008
23 18 T.モンテイロ ジョーダン B 1:14.336
24 17 R.シューマッハ トヨタ M -
ページの先頭へ