MENU

HONDA

検索
Formula 1
モータースポーツ > F1世界選手権 > 第8戦 カナダGP フリー走行
レース
カナダ 第8戦 6月12日
カナダGP
グランプリ情報 プレビュー
フリー走行 予選 決勝 フォトギャラリー
リザルト
グランプリ情報
Rd. Date
01 3/6 オーストラリアGP
02 3/20 マレーシアGP
03 4/3 バーレーンGP
04 4/24 サンマリノGP
05 5/8 スペインGP
06 5/22 モナコGP
07 5/29 ヨーロッパGP
08 6/12 カナダGP
09 6/19 アメリカGP
10 7/3 フランスGP
11 7/10 イギリスGP
12 7/24 ドイツGP
13 7/31 ハンガリーGP
14 8/21 トルコGP
15 9/4 イタリアGP
16 9/11 ベルギーGP
17 9/25 ブラジルGP
18 10/9 日本GP
19 10/16 中国GP
第8戦 カナダGP
拡大する
カナダGPの初日午後のフリー走行で、バトン7番手、佐藤8番手タイム
6月10日(金)・1日目フリー走行
サーキット:ジル・ビルヌーブ・サーキット 天候:晴れ 気温:32℃

 カナダGP初日午後のフリー走行で、Lucky Strike B・A・R Hondaのジェンソン・バトンが7番手、佐藤琢磨は8番手という結果だった。

第8戦 カナダGP拡大する
第8戦 カナダGP拡大する

 ヨーロッパから大西洋を渡って行われる、北米2連戦。その緒戦となるカナダGPは、初日から例年に比べかなり蒸し暑い陽気となった。モントリオールは明け方、にわか雨に見舞われたが、午前11時のフリー走行開始時には、路面はほぼ乾いている。

 ジル・ビルヌーブ・サーキットは今年、全面的に再舗装されており、タイヤ選択に際してチームの持つデータがどこまで有効か、未知数の部分が多そうだ。通常でもGPの初日はグリップ不足に悩まされるものだが、新舗装での最初の走行となった午前のセッションでは、昨年の初日より平均で2秒以上遅いペースとなった。とはいえB・A・R Honda勢は、バトン4番手、佐藤8番手と、まずまずのタイムで順調なスタートを切った。

 午後になって気温は32℃まで上昇。カナダGPとしては珍しい蒸し暑さだ。このセッションでは、バトン、佐藤ともに10周以上のロングランに専念し、周回を重ねる。今回のレースで投入された改良型のエンジンを含め、トラブルフリーでデータ収集を行い、午後のセッションだけでも2台揃って32ラップを周回。最終的にバトン7番手、佐藤8番手のポジションで初日フリー走行を終えた。

コメント

ジェンソン・バトン
1回目フリー走行4番手 1分16秒710
2回目フリー走行7番手 1分16秒190
「今日はいつものように、タイヤ選択に多くを費やした。何度かロングランを行って良い結果が得られたし、正しい比較のために十分なラップをこなせたので嬉しいよ。この週末で使用するタイヤはだいたい選べたと思う。もちろん今晩にかけてやらなければならないことはまだあるけれど、今日の成果にはまずまず満足しているよ」

佐藤琢磨
1回目フリー走行8番手 1分17秒458
2回目フリー走行8番手 1分16秒313
「今日は良いセッションでした。たくさんの距離を稼げましたし、先週のモンツァでアンソニーが試した、このサーキットに合ったローダウンフォース仕様が上手く機能することに自信を感じています。今週末に向けて速さを維持するには、まだ頑張って仕事をしなければいけませんが、舗装の新しくなったコースの初日として、とても良いデータが収集できたことには非常に満足です」

ジル・ド・フェラン B・A・R Hondaスポーティングディレクター
「金曜日の恒例として、今日はタイヤ選択のためのプログラムに集中したが、フリー走行の結果にはおおむね満足だ。2台のマシンは揃って快調で、ドライバーのフィーリングも良さそうだ。しかし、もっとマシンバランスを改善できる傾向がでており、明日は改善されることを期待している」

中本修平 Honda Racing Developmentエンジニアリング・ディレクター
「今日は順調な1日でした。何の問題もなく、予定していた全てのプログラムをこなすことができましたし、明日につながるデータをたくさん入手できました。明日の予選の出走順は10番と12番目ですから、良いスターティンググリッドを狙って行けると思います。どんな結果を出せるか楽しみです」

ページの先頭へ
フリー走行リザルト
順位 No. ドライバー コンストラクター タイヤ タイム
1 35 P.デ・ラ・ロサ マクラーレン M 1:14.662
2 38 R.ゾンタ トヨタ M 1:14.858
3 5 F.アロンソ ルノー M 1:15.376
4 10 JP.モントーヤ マクラーレン M 1:15.625
5 9 K.ライコネン マクラーレン M 1:15.679
6 6 G.フィジケラ ルノー M 1:15.846
7 3 ジェンソン・バトン B・A・R Honda M 1:16.190
8 4 佐藤琢磨 B・A・R Honda M 1:16.313
9 17 R.シューマッハ トヨタ M 1:16.364
10 2 R.バリチェロ フェラーリ B 1:16.459
11 16 J.トゥルーリ トヨタ M 1:16.638
12 7 M.ウェーバー ウィリアムズ M 1:16.661
13 11 J.ビルヌーブ ザウバー M 1:16.718
14 12 F.マッサ ザウバー M 1:16.727
15 8 N.ハイドフェルド ウィリアムズ M 1:16.826
16 1 M.シューマッハ フェラーリ B 1:17.200
17 14 D.クルサード レッドブル M 1:17.299
18 15 C.クリエン レッドブル M 1:17.922
19 20 P.フリーザッハー ミナルディ B 1:18.115
20 19 N.カーティケヤン ジョーダン B 1:18.234
21 21 C.アルバース ミナルディ B 1:18.463
22 18 T.モンテイロ ジョーダン B 1:19.186
23 37 S.スピード レッドブル M 1:19.270
ページの先頭へ