MENU

HONDA

検索
Hondaホームページ
モータースポーツ
F1
F1
第10戦 フランスGP
モータースポーツTOPへ
フランス Round 10
French GP
前ラウンド 次ラウンド 2004 July,04
F1 TOPへ
グランプリ情報
1日目
予選
コメント
リザルト
決勝
ポイント
フランスGP予選で、B・A・R Hondaのジェンソン・バトンが4番手、佐藤琢磨は7番手

7月3日(土)・予選
サーキット:マニクール・サーキット 天候:晴れ時々曇り 気温:22℃

J.バトン
J.バトン

 フランスGP2日目の予選で、Lucky Strike B・A・R Hondaのジェンソン・バトンが4番手、佐藤琢磨は7番手のグリッドを獲得。明日の決勝レースは、それぞれ2列目4列目からの出走となる。

 前日のフランスGP初日は、時折降る雨に翻弄されたセッションとなった。2日目の天候は、前日同様に雲の多い空模様ながら、雨の降る心配はなさそうだ。しかし気温は低く、午前9時の時点で16℃。路面温度も18℃しかない。そのせいか、午前中のフリー走行では、フロントタイヤのグレーニング(ささくれ磨耗)症状の出ているマシンが、少なからず見られた。最後のフリー走行で最速タイムを記録したのは、ここフランスGPからニューマシンを投入したマクラーレンのK・ライコネン。しかしB・A・R Hondaのバトンも負けずに、100分の5秒差で2番手につける。佐藤もトップからコンマ2秒余りで後を追い、4番手のタイム。予選での上位グリッド獲得に向け、セットアップ作業も順調に進んだ。

 どのチームも比較的軽い燃料で走る1回目の予選では、1分13秒台のタイムが続出した。トップは1分13秒377を出したJP・モントーヤ(ウィリアムズ)。バトンは、そこからコンマ3秒遅れの6番手。佐藤はコンマ7秒落ちの8番手だった。

 午後2時からの2回目予選。この時点で気温は22℃、路面温度も35℃まで上昇したものの、依然として例年より低い状態が続いている。1回目予選をトラブルで走れなかったフェラーリのR・バリチェロが最初に出走する。B・A・R Honda勢は、佐藤が13番目にコースイン。1回目をしのぐハイペースでアタックを続け、最終区間は最速タイム。この時点でトップタイムを記録し、タイムシートの1番上に立った。

 その2人あと、15番手で出走したバトンは、最初の区間こそ、僅かに佐藤に遅れを取ったものの、第2第3区間とペースを上げ、チームメイトを上回る1番手タイム。暫定ポールポジションを獲得する。その後にタイムアタックした、F・アロンソ(ルノー)、D・クルサード(マクラーレン)、M・シューマッハ(フェラーリ)らにトップタイムを書き換えられたものの、最終的にバトンは2列目グリッド、4番手を獲得。2番手から4番手のバトンまでの差が、それぞれ100分の1秒台を争う僅差なものとなった。佐藤は4列目、7番手グリッドを獲得。ポールポジションはルノーのF・アロンソだった。

リザルト ページトップへ
ジェンソン・バトン 4番手 1分13秒995
J.バトン
「とても良い感じで走れたんだけど、トップ3に入れずがっかりだよ。1回目予選の前にオーバーステアを感じていたので、マシンのセットアップを変えたんだ。1回目予選を走った感じでは 効果がなかったから、その後の2回目予選の時、更にセットアップを変えたら、バランスがすごく良くなったんだ。マシンと、このサーキットの相性は良いと思うよ。レースに対しては100%とは言えないけれど、タイヤも合っているし、ここでは良い結果を残せると思うよ。マクラーレンの新車も速かったし、ルノーも強いから、きっと面白いレースが見られるんじゃないかな。僕らのチームはルノーと戦っていく上で、2台共に上位でポイントを獲得することが必要だよね」

佐藤琢磨 7番手 1分14秒240
佐藤琢磨
「ポールからのタイム差は、僅かコンマ5秒ですし、もうちょっと上のグリッドを狙っていただけに、少し残念です。アタックラップでは僅かにタイムロスしてしまいましたが、ジェンソンのタイムから大きく遅れることにはなりませんでした。コースコンディションは午前中と変わりなく、グリップも高く、良い感じでした。ここでも興奮するような結果を出せるよう、明日も良いレースをしたいと思います」

中本修平 エンジニアリング・ディレクター Honda Racing Development
「ドライバー2人とも、ミスもなく良い仕事をしてくれました。予選タイムはとても接近していますし、琢磨選手は7位ではありますが、フロントローからコンマ2秒余りの差しかありません。とてもエキサイテイングなレースになると思います」
予選リザルト ページトップへ
順位 No. ドライバー チーム タイヤ タイム
1 8 F.アロンソ ルノー M 1:13.698
2 1 M.シューマッハ フェラーリ B 1:13.971
3 5 D.クルサード マクラーレン M 1:13.987
4 9 ジェンソン・バトン B・A・R Honda M 1:13.995
5 7 J.トゥルーリ ルノー M 1:14.070
6 3 JP.モントーヤ ウィリアムズ M 1:14.172
7 10 佐藤琢磨 B・A・R Honda M 1:14.240
8 4 M.ジェネ ウィリアムズ M 1:14.275
9 6 K.ライコネン マクラーレン M 1:14.346
10 2 R.バリチェロ フェラーリ B 1:14.478
11 16 C.ダ・マッタ トヨタ M 1:14.553
12 14 M.ウェーバー ジャガー M 1:14.798
13 15 C.クリエン ジャガー M 1:15.065
14 17 O.パニス トヨタ M 1:15.130
15 11 G.フィジケラ ザウバー B 1:16.177
16 12 F.マッサ ザウバー B 1:16.200
17 18 N.ハイドフェルド ジョーダン B 1:16.807
18 19 G.パンターノ ジョーダン B 1:17.462
19 20 G.ブルーニ ミナルディ B 1:17.913
20 21 Z.バウムガルトナー ミナルディ B 1:18.247
Honda Racing F1 TOPへモータースポーツTOPへ