MENU

HONDA

検索
Hondaホームページ
モータースポーツ
F1
F1
第4戦 サンマリノGP
モータースポーツTOPへ
サンマリノ Round 4
San Marino GP
前ラウンド 次ラウンド 2004 April,25
F1 TOPへ
グランプリ情報
1日目
コメント
リザルト
予選
決勝
ポイント
初日フリー走行で、B・A・R Hondaが1-2独占!

4月23日(金)・1日目フリー走行
サーキット:イモラ・サーキット 天候:晴れ 気温:25℃

佐藤琢磨
佐藤琢磨

 サンマリノGP初日フリー走行で、Lucky Strike B・A・R Hondaのジェンソン・バトンがトップ、佐藤琢磨が2番手、そして第3ドライバーのアンソニー・デビッドソンも6番手と上位を独占。明日以降の予選、決勝レースに向けて好調なスタートを切った。

 序盤の3戦を終え、2度の表彰台を獲得したB・A・R Honda。ヨーロッパラウンド緒戦となるサンマリノGPには、数々の改良空力パーツ、いっそうパワーアップしたエンジンを投入して、さらなる好成績を目指す。

 初日の天候は朝から快晴。午前中のフリー走行では、第3ドライバーのデビッドソンが順調に20周を走り込み、4番手のタイム。バトンは100分の5秒差の5番手タイム。セットアップに集中し、タイムアタックを行なわなかった佐藤は16番手だった。午前中トップのM・シューマッハ(フェラーリ)は、昨年自ら出したポールタイムをすでに2秒以上縮め、ハイペースの展開になっている。

 午後も引き続き上空は晴れ渡り、気温は24℃。路面のグリップも向上し、各車積極的に周回を重ねて行く。B・A・R Honda勢は、午後も好調。まずデビッドソン、バトンが上位タイムを出し、中盤にはニュータイヤでタイムアタックを行った佐藤が、M・シューマッハを1000分の5秒押さえて、1分21秒159の暫定トップタイムを叩き出した。そしてその数分後には、今度はバトンがコンマ2秒差のトップタイムをマーク。さらにはデビッドソンも5番手に付け、B・A・R Hondaの3台が、タイミングモニターの上位に並んだ。

 上位のポジションはその後も変わらず、バトンがトップ、佐藤が2番手、そしてデビッドソンは6番手で初日を終えた。フリー走行ながら2人のドライバーが1-2番手を独占したのは、B・A・R Honda創設以来初めてであり、明日以降の予選、決勝レースに向けて実に好調なスタートを切った。

リザルト ページトップへ
中本修平 エンジニアリング・ディレクター Honda Racing Development
「今日は午前と午後の両セッション共に、総じて良いパフォーマンスを示すことが出来ました。アンソニーは、ここでもしっかりと仕事をこなしてくれ、ほとんどレースと同じ距離を、トラブルフリーで走り切りました。言うまでも無いことですが、ジェンソンと琢磨が1、2番手を占めてくれたのは、嬉しいですね」

ジェンソン・バトン 1番手 1分20秒966
J.バトン

「思った通りの結果になって満足だね。とはいえ、まだ練習走行だから、これだけでは決勝レースを予想することはできないね。でも、予選でも速いと思うよ。ここではチーム、Honda、ミシュラン共に新しいステップが投入されているんだ。みんなが一体となって、前へ前へと進んでいるのを見るのは素晴らしいことだね。このレースの前にテストを2つこなしたんだけど、そこで見せた高い信頼性は、決勝レースでもきっと生きてくると思う。このままいつも通りのプログラムを消化して行き、レースに向けてじっくりと準備していくよ。これまでの3戦のように、上手い作戦と素早いピットワークが、日曜日の結果を左右することになるね。今はひとまず、3人のドライバーが共に素晴らしいスタートを切ることができて嬉しいよ」

佐藤琢磨 2番手 1分21秒159
佐藤琢磨
「今日は僕自身、そしてチームにとって、とても良い1日になりました。トラブル無しで沢山のラップをこなせましたし、大きく前進することができたと思います。先週のポールリカールテストは悪天候のため、僕自身はイモラに向けた準備ができませんでした。ここはとてもチャレンジングなサーキットなので、今日の結果には満足しています。明日の予選に向けてまだまだやることはありますが、今のところ順調ですね」

アンソニー・デビッドソン 6番手 1分21秒643
A.デビッドソン
「今回も、ほぼレースと同等の距離を走り込むことができ、とても充実した1日でした。ブレーキが減ってしまったことや、たびたび他のマシンに引っかかってしまったこともあり、最後の2ラップは、思ったほどタイムが伸びなかったけどね。最新の改良パーツを組み込んだマシンの調子は良いし、今日は僕が予定していた計画は全て消化できたんだ。今日の最高のスタートを、このまま維持できると良いね」
フリー走行2 リザルト ページトップへ
順位 No. ドライバー チーム タイヤ タイム
1 9 ジェンソン・バトン B・A・R Honda M 1:20.966
2 10 佐藤琢磨 B・A・R Honda M 1:21.159
3 1 M.シューマッハ フェラーリ B 1:21.164
4 6 K.ライコネン マクラーレン M 1:21.586
5 7 J.トゥルーリ ルノー M 1:21.604
6 35 アンソニー・デビッドソン B・A・R Honda M 1:21.643
7 3 JP.モントーヤ ウィリアムズ M 1:21.661
8 8 F.アロンソ ルノー M 1:21.788
9 5 D.クルサード マクラーレン M 1:21.795
10 4 R.シューマッハ ウィリアムズ M 1:22.057
11 2 R.バリチェロ フェラーリ B 1:22.096
12 14 M.ウェーバー ジャガー M 1:22.167
13 17 O.パニス トヨタ M 1:22.768
14 16 C.ダ・マッタ トヨタ M 1:22.780
15 12 F.マッサ ザウバー B 1:23.043
16 15 C.クリエン ジャガー M 1:23.211
17 11 G.フィジケラ ザウバー B 1:23.335
18 37 B.ヴィルドハイム ジャガー M 1:23.470
19 38 R.ゾンタ トヨタ M 1:23.500
20 18 N.ハイドフェルド ジョーダン B 1:23.866
21 19 G.パンターノ ジョーダン B 1:24.091
22 20 G.ブルーニ ミナルディ B 1:25.653
23 21 Z.バウムガルトナー ミナルディ B 1:25.760
24 40 B.ラインダース ミナルディ B 1:27.025
Honda Racing F1 TOPへモータースポーツTOPへ