MENU

HONDA

検索

走行性能

Photo: CRF1100L Africa Twin Dual Clutch Transmission

エンジン

エキサイティングな走りと長距離移動時の余裕ある力強い走りを両立。
1,082cm³水冷直列2気筒エンジン。

エンジンは、オフロード走行でのエキサイティングな走りから長距離ツーリングでの快適性を追求した、PGM-FI採用1,082cm³水冷直列2気筒。ピストン形状、クランク形状、クラッチ形状、トランスミッションギア材質の変更など細部にわたり見直しを行い軽量化に寄与。排気量アップを図りながら、エンジン重量はMTモデルで-2.5kg、Dual Clutch Transmissionモデルで-2.2kgの軽量化を達成。また、シリンダーヘッド、スロットルボディー、インジェクター等の刷新により吸気効率の向上や燃焼効率の向上も追求。走りのポテンシャルを高めている。

DCTエンジン内部CGイメージ
MTエンジン内部CGイメージ

マフラー

迫力のサウンド&パルス感と出力向上を追求。
排気バルブシステム採用マフラー。

マフラーは、排気量アップと出力向上に伴う容量・重量の増加を抑えながら、出力、ドライバビリティーと迫力のサウンド、パルス感を両立させるために、排気バルブシステムを採用。低回転域では、2系統の排気経路によりパルス感を得られるように演出し、高回転域では1系統の排気経路により排気効率を高め、出力向上に寄与している。

【排気バルブ全閉時】 低回転でのパルス感を演出
【排気バルブ全開時】 高回転での出力向上

6軸IMU

トータルバランスを高次元に引き上げる、6軸IMU(慣性センサー)。

緻密な車体コントロールを実現する6軸IMU。ピッチ、ロール、ヨーの角速度と加速度を検出する6軸センサーを採用することで、リアルタイムに正確な車体状態を測定し、制御を緻密化。このIMUから得られた情報により、クイックシフター※1・DCT※2・HSTC(スリップ&ウイリー)・電子制御サスペンション※2・ABS・コーナリングライト※2を的確にコントロールし、走りのトータルバランスを向上している。

※1.別売アクセサリー ※2.タイプ別設定

DCT [タイプ設定]

よりライダーの感覚に近づけた、
Dual Clutch Transmission(DCT)※1

2組のクラッチの切り替えにより、駆動力に途切れのない、スムーズで素早い変速を追求したDCT。IMU(慣性センサー)によるコーナリング走行検知制御の追加※2により、シフトタイミングをよりライダーの感覚に近づけると共に、発進制御と変速制御の熟成により、安心感やダイレクト感を演出。走行モードには、「ATモード」と「MTモード」を設定。ATモードには、一般走行に適した「Dモード」とスポーティーな走行に適した3つのレベルが選べる「Sモード」を採用。また、G-スイッチを採用し、スロットル操作によるピッチング方向の姿勢制御やテールスライド等のオフロード走行時に重要な車体コントロールを可能としている。

※1.Dual Clutch Transmissionモデルに採用 ※2.特許出願中

DCTモード設定

DCT Technical Movie

DCTの基本構造からAfrica Twinに採用された、DCTの最新テクノロジーまで、オフロードを駆るために磨かれたDCTの技術を解説。

ライディングモードセレクト

オンからオフまで様々なシチュエーションに対応する6つのライディングモードセレクト。

日常のライディングから本格アドベンチャーツーリングまで。どのような道も安心して走破するための「ライディングモードセレクト」。旅の荷物を積載した状態でも力強い加速フィールが得られる「TOUR」、市街地からワインディングまで幅広いシチュエーションをカバーする「URBAN」、フラットダート等の悪路でも安心感のあるパワーデリバリーを実現する「GRAVEL」、そして本格的なオフロード走行が楽しめる「OFFROAD」の4つのモードに、さらにパワーフィールやエンジンブレーキの効き等を好みの組み合わせにできる「USER1」「USER2」モードを設定している。

■ライディングモード

  • ・TOURモード荷物を満載した長距離ツーリングなどを想定したモード。 荷物満載時でも力強く加速する。
  • ・URBANモード幅広いライディングニーズに対応したモード。
  • ・GRAVELモード条件の悪い路面でも安心快適に走行するモード。 フラットなダート走行に向く。
  • ・OFFROADモード悪路走行を楽しみたい時に選択。 本格的なオフロード走行が可能。
  • ・USER1モードライダーの好みのモードを設定。
  • ・USER2モードUSER1モードの他に更に1モード好みのモードの設定が可能。

トルクコントロールシステム

ウイリーコントロールを追加して、エキサイティングな走りを支える
Honda セレクタブル トルク コントロール。

IMU(慣性センサー)の情報を活用することで、よりスムーズなスリップコントロールを実現したHonda セレクタブル トルク コントロール。ウイリーコントロールを追加し、アクティブなライディングを支えるシステムとして進化した。スリップコントロールはオフロードでリアを滑らせるようなアグレッシブなライディングから、ウエットな路面でも安心感のある走行ができるレベルまで、後輪の駆動力のレベルをライダーの好みに合わせて7つのレベルを設定。ウイリーコントロールは、様々なシーンでフロントアップをおさえ安心感が得られるレベル3、意図したフロントアップが可能で、急激なフロントアップのみおさえるレベル1、その中間的な制御のレベル2を設定。さらにぞれぞれOFFの設定も用意している。

※Honda セレクタブル トルク コントロールはスリップやウイリー挙動をなくすためのシステムではありません。あくまでもライダーのアクセル操作を補助するシステムです。したがって、Honda セレクタブル トルク コントロールを装備していない車両と同様に、無理な運転までは対応できません。

スリップコントロールレベル設定イメージ

ウイリーコントロールの各レベル設定イメージ


  • 写真はすべて海外仕様車です。※写真はすべて海外で撮影したものです。※一部の写真はアクセサリー装着車です。※走行写真は、プロライダーによる走行を撮影したものです。一般公道で走行する場合は制限速度を守り、無理な運転をしないようにしましょう。