MENU

HONDA

検索

走行性能

Photo:CRF1100L Africa Twin
Adventure Sports ES Dual Clutch Transmission

ディメンション&ライディングポジション

あらゆる使用条件を想定したディメンション&ポジション。

ディメンションは、オンロード・オフロード・荷物積載の長距離走行・普段の使い勝手など、様々な使用条件での性能を高い次元でバランスさせたフレームワークと細部を含めた軽量化により、オフロード走行時においての重心バランスの適正化を追求している。ライディングポジションは、街中走行やロングツーリングからオフロード走行までを、軽快にこなせるアップライトなポジション。スタンディング走行やコーナリング、オフロードでの体重移動もスムーズに行える。

ディメンション図
ライディングポジション図

フレーム&サスペンション

排気量アップに対応しながら
軽量化と剛性バランスを追求したフレーム。

軽量化と適度なしなやかさを実現する剛性バランスを追求したフレームは、排気量アップに伴う力強い走りを支える剛性も確保。オフロードでのエキサイティングな走りに磨きをかけると共に、高速道路でのタンデム走行、荷物の満載時など、様々状況でのトータルバランスを追求している。リアフレームは新設計のアルミ製とすることで徹底的に軽量化。リアフレーム幅を40mm細くすることで、メインシート幅を狭め、理想的なライディングポジションと優れた足つき性を両立し、さらにオプションの大型ボックスや荷物の加重に耐える強度と剛性を確保している。

※特許出願中

電子制御サスペンション

シーンを選ばず走りのトータルバランスを高める電子制御サスペンション。
(CRF1100L Africa Twin Adventure Sports ESに採用)

走行中のサスペンションストローク速度と車両の走行状態に応じて瞬時に減衰力を最適化するショーワ社製電子制御サスペンションEERA。「低速時の乗り心地⇔高速時の安定感」、「オンロード走行性能⇔オフロード走破性」など相反する走行シーンに求められるサスペンション特性を高次元で両立。また、様々な走行シーンに対応する4つのサスペンションモードをライディングモードと連動させることで最適なサスペンション性能を発揮。また電動プリロードアジャスターも装備し、車両状態に応じて ①一人乗り ②一人乗り+積載 ③二人乗り ④二人乗り+積載 を選択可能。24段階から細かく調整できるUSERモードも採用している。

*Electronically Equipped Ride Adjustment

EERA作動イメージ図

●EERA サスペンションモード
EERAのサスペンションモードは、MID・HARD・SOFT・OFFROAD・USERモードの5つの選択肢を設定。ライディングモードに応じて、最適なサスペンションモードが自動で選択される。

  • MID:様々なシチュエーションと使い勝手に適応したモード。オールラウンドにバランスの良い特性。
  • HARD:車体の姿勢変化を抑える硬めのモード。減衰力を高めることで車体の姿勢変化を抑え、よりダイレクトな操作フィーリングを追求。
  • SOFT:作動性、ストローク感向上により、路面状況の悪い走行場面でも快適に安定感のある走行が可能。
  • OFFROAD:オフロード走行を中心に楽しむために特化したモード。
  • USER:好みに合わせて、減衰力とプリロードの設定変更の微調整が可能。

Photo:CRF1100L Africa Twin
Adventure Sports ES Dual Clutch Transmission

フロントサスペンション

トータルバランスに優れた走りを支える
フルアジャスタブルタイプ倒立フロントサスペンション。

フロントフォークは、185mmのストロークとフルアジャスタブル機構を備えた倒立式。減衰力のセッティングを最適化し、オフロード走破性とオンロードの快適性を両立させている。

Photo:CRF1100L Africa Twin
Adventure Sports ES Dual Clutch Transmission

リアサスペンション

オフロード走破性とオンロードの
快適性を追求したリアサスペンション。

軽量高剛性のアルミ製スイングアームは前モデルに対して約500gの軽量化を達成。軽量化と共に走破性や快適性も両立しアクスルトラベルは180mm、最低地上高は210mmを確保。さらにサスペンション配置をセンターレイアウトに変更し、かつメインフレームとの締結部にピロボールを採用。作動性と路面追従性を高め、オフロード走破性とオンロードの快適性を追求している。

ABS

様々なシチュエーションでの安定性と安心感を高めるために進化したABS。

[選択式ABSモード]
On-RoadモードとOff-Roadモードの2通りのモードを備え、それぞれに適したABSセッティングとすることで、ライディングモードと連動して、走行シチュエーションにあった制動性能と安心感を追求している。

[IMU(慣性センサー)を備えたABS]
コーナリング中にブレーキをかけた時には、IMUの信号から算出した車体バンク角、前後車輪速センサーから算出した車体減速度及び前後輪スリップ率から、ホイールロックが発生しないようバンク角に応じて、ABSが制動力をコントロール。また、急制動時にはIMUの情報よりリアタイヤの浮き上がり傾向を検知し、ブレーキ圧を緻密にコントロール。高い制動性能を発揮しながらもリアリフトを抑制する。これらにより直進時やコーナリング中など、様々な場面でブレーキング時の安心感を追求している。
[ABSオン/オフ切り替え]
ライディングモードがOFFROADもしくはUSERモードの時にはリアのABSをオフに設定でき、オフロード走行の使い勝手を向上。

また、ブレーキ本体は、フロントにラジアルマウントの4ポッドキャリパー+φ310mmダブルディスクを、リアにはφ256mmのシングルディスクを採用している。

※ABSはライダーのブレーキ操作を補助するシステムです。ABSを装備していない車両と同様に、コーナー等の手前では十分な減速が必要であり、無理な運転までは対応できません。ABS作動時は、キックバック(揺り戻し)によってシステム作動を知らせます。

  • 写真はすべて海外仕様車です。※写真はすべて海外で撮影したものです。※一部の写真はアクセサリー装着車です。
  • 走行写真は、プロライダーによる走行を撮影したものです。一般公道で走行する場合は制限速度を守り、無理な運転をしないようにしましょう。