MENU

HONDA

検索

走行性能

エンジン

さらなる高揚感を求めて。
998cm³・水冷DOHC直列4気筒エンジン。

トルクフルなパワーフィールと高いコントロール特性を発揮する、998cm³・水冷DOHC直列4気筒エンジン。燃焼室形状と鍛造ピストンの頭部形状を見直すことで圧縮比を11.6に設定。動弁系では、インレットポートを拡大するとともにバルブタイミング/リフト量をチューニング。さらに各パーツの軽量化も行い、豊かな低中速トルクによるアグレッシブな出力特性を追求した。

※イメージCG

吸気系

低回転域からのレスポンス向上を追求。

吸気抵抗を低減させ吸入空気密度を高めるため、エアクリーナーボックスを新設計。また、ボア径をφ44mmに設定したスロットルボディーにより吸気効率の向上を追求。低回転域からのスロットルレスポンス向上と力強いパワーフィールに寄与している。さらに吸気ダクトカバー上部にスリットを設けることで、スロットル操作にリンクして高鳴る吸気音をライダーに聞かせ、吹け上がるエンジン回転を体感できる演出を施した。

※イメージCG

アルミカム アシストスリッパークラッチ

扱いやすさと軽量化を追求したアルミカム アシストスリッパークラッチ。

CBR1000RRと同じ構造をもつアシストスリッパークラッチを採用。クラッチスプリングの最適化を図ることでクラッチレバーの操作荷重を低減。油圧式でなくケーブル式による操作を可能としたことで、クラッチ本体の軽量化と操作フィーリングの両立に寄与している。

エキゾーストシステム

排気効率はもちろん、
見た目やサウンドにまでこだわった。

エキゾーストシステムは出力特性への貢献はもちろん、ライダーの高揚感を高めるサウンドや高品位なデザインなどを追求した。マフラー内には2本のテールパイプを配置。排気効率の向上による高回転域の伸びとバンク角の確保を両立している。あわせてパンチングメタルによる効果的な消音性能を実現。マフラー内の下側テールパイプ先端に小さな穴を設けることで、アイドリング時の重低音を活かしたまま中高回転域では「抜け」を確保。直列4気筒エンジンらしいエキサイティングなサウンドを響かせる。

スロットルバイワイヤシステム

操る楽しさの進化へ。
スロットルバイワイヤシステム。

スロットル開度をスロットルグリップの操作に連動するアクセルポジションセンサー(APS)で検出、その信号によりECUがスロットルバイワイヤモーターに駆動信号を送ることでスロットルバルブを制御している。また、APS内のリターンスプリングとフリクション発生機構により、従来のケーブル式スロットルの自然な操作フィーリングを再現し、違和感のない緻密なスロットル操作を可能としている。

走行モード

3つのプリセットおよび、
ユーザー設定から選択できる走行モード。

市街地から郊外、高速道路、ワインディング、また天候などによる路面コンディションの変化に直感的かつフレキシブルに対応する走行モード。それぞれの走行シーンに合わせて、「SPORT」「STANDARD」「RAIN」から選べるプリセットモードに加え、ライダーが好みで設定を変更できる「USER」モードの選択が可能。シチュエーションにマッチした出力特性と運動特性を提供する。

SPORT

ワインディングなどでパフォーマンスを存分に活かし、走りを楽しむためのモード。クイックなスロットルレスポンスがもたらすリニアリティーにより積極的な走りに応える。

STANDARD

CB1000Rの走りの基準となるモード。スポーツモデルならではの高い運動性能を維持しつつ各制御レベルを高次元でバランス。市街地や郊外を中心とした幅広いシーンでストレスフリーな走りを提供する。

RAIN

降雨時など、路面の摩擦係数が少ないシーンで安心感のある走りを提供。スロットル操作に対して最も穏やかな加減速特性とするとともにトルクコントロールの制御レベルを高めてライダーの緊張を軽減する。

USER

パワーセレクター(P)、Honda セレクタブル トルク コントロール(T)、セレクタブルエンジンブレーキ(EB)の各制御レベルを組み合わせ、好みの走行フィーリングを設定できるモード。

●パワーセレクター(P)

スロットル操作に対する出力特性を3段階から任意に選択できるパワーセレクター。「ハイ」では、スロットル開け始めからピークまでトラクションがリニアに引き出せる特性とし、「ミドル」では「ハイ」よりわずかに出力を抑えた設定。「ロー」では、スロットル開度20%までを「ミドル」と同じ特性とし、それ以上の加速に対しての反応を最も穏やかにすることでスロットルのコントロールフィールをスムーズにした。

●Honda セレクタブル トルク コントロール(T)

ライダーの好みに応じて3段階のレベル切り替えが可能。介入度の一番低い「ロー」から、段階に応じて介入度が大きくなり、後輪のスリップや前輪の浮き上がりを緩和し、ライダーのイメージに近い安心感あるライディングに寄与する。

※Honda セレクタブル トルク コントロールはスリップをなくすためのシステムではありません。Honda セレクタブル トルク コントロールはあくまでもライダーのアクセル操作を補助するシステムです。したがって、Honda セレクタブル トルク コントロールを装備していない車両と同様に、無理な運転までは対応できません。

●セレクタブルエンジンブレーキ(EB)

走行中にスロットルを全閉し減速する際のエンジンブレーキの強さを選択可能。エンジンブレーキの強さは3つのレベルから選択可能で、「強い」「通常」「弱い」の順にエンジンブレーキが弱くなる。

クイックシフター

クラッチとスロットル操作なしでシフトチェンジ可能なクイックシフター。

シフトチェンジ時のクラッチとスロットル操作を不要としたクイックシフターを搭載。シフトロッドに配置されたストロークセンサーが、シフトペダルの操作荷重を信号に変換。ECUが持っている車速、エンジン加減速状態、ギアポジションなどの情報と合わせることで、燃料噴射の停止タイミング、スロットルバルブ開度、点火時期を制御し、ミッションギアの駆動荷重を抜くことでシフトを実行する。またシフトフィールのつくり込みで、違和感のない自然で上質な操作感を実現した。


  • 写真は海外仕様車です。※写真は海外での走行を撮影したものです。
  • 走行写真は、プロライダーによる走行を撮影したものです。一般公道で走行する場合は制限速度を守り、無理な運転をしないようにしましょう。