MENU
HONDA
検索

Round13アメリカヒューストン

2019年3月30日(土)・決勝

会場 : NRG Stadium

第13戦 ヒューストン

ロクスンがレースウイン、総合では10位(優勝/21位/8位)。
シーリーは今季ベストの5位入賞(4位/4位/11位)

MONSTER ENERGY AMA SUPERCROSS/FIM世界選手権第13戦が、ヒューストンで開催されました。会場のNRGスタジアムは、2002年にオープンしたスライド開閉ルーフ付きスタジアム。隣接するアストロドームは1965年に建設された屋内球場で、74年にはスーパークロスが初めてインドアで開催された実績があります。ヒューストンの長い歴史の中には、土日ダブルヘッダー、125(現250SX)クラス東西交流戦など、象徴的なイベントがありましたが、今年はトリプルクラウンが実施されます。

トリプルクラウンとは、昨年から試行されている決勝3レース制フォーマットで、今年は第3戦アナハイム、第8戦デトロイト、そして第13戦ヒューストンのみに限定されています。450SXクラスは12分+1周、250SXクラスは10分+1周、各々3レースの総合結果に対し、シリーズポイントが付与されます。

予選方式は、タイムドプラクティスのトップ18+ラストチャンスの4位までに絞られるので、緊張感のあるタイムアタックが見られます。ケン・ロクスン(Team Honda HRC)は、計時予選1回目のセッションで記録した47秒386を守りきり、ポールポジションを獲得しました。コール・シーリー(Team Honda HRC)は、48秒082で予選6番手につけました。

ロクスンは、レース1で好スタートを決めると、オープニングラップからトップに躍り出ました。早々と独走態勢に持ち込むと、クーパー・ウェブ(KTM)に8秒差でチェッカーを受けました。ヒート2では1コーナー進入時に転倒を喫した後、痛めた足をケアするためにリタイアしました。レース3に出走したロクスンは、スタート12番手と出遅れましたが、8位までポジションをばん回してフィニッシュ。この結果ロクスンは、総合10位(優勝/21位/8位)。レース1を制したものの、トリプルクラウンの難しさを痛感させられる成績となりました。

シーリーは、レース1ではスタート6番手から追い上げ、4位でフィニッシュ。期待を抱かせるリザルトを刻みました。レース2ではオープニング3番手から、6周目には2番手に浮上。トップのウェブから2秒強のビハインドという好位置につけましたが、三つ巴の2位争いの中で4位まで後退してチェッカーを受けました。レース3では、スタート7番手から集団に飲み込まれ、最後は11位でレースを終えました。3レースのトータルでは、5位(4位/4位/11位)に入賞したシーリー。今シーズンの自己ベストをマークしたことで、終盤戦での活躍が期待されます。

コメント

ケン・ロクスン(優勝/21位/8位 総合10位) ケン・ロクスン(中央)
「メインレース1は最高でした。スタートがうまく決まったのでトップに立ち、後続に10秒もの差をつけました。だれよりも先にチェッカーフラッグを見るのはなんとも言えない気分でしたが、それがレース1だけだったことが残念です。レース2ではディーン・ウィルソンの後輪に絡んで、転倒してしまいました。とても強い衝撃でつま先を地面にぶつけたので、当初は足首に重傷を負ったような気がしたのですが、大事に至らなかったのが幸いでした。クラッシュの際にマシンもかなり曲がってしまいました。診察を受けて、15~20分ぐらいすると、悪化ではなくて快方に向かう感じがしはじめたことはよかったのですが、実はつま先にはまだ痛みが残っています。幸いマシンに跨がってレース3に復帰することができました。できるだけのことをしようと思いながら8位でフィニッシュ。総合10位というリザルトをゲットしました。レース1があれほど順調だったことを思うと、この結果は理想とは違いますが、無事に次のラウンドに臨めることが幸いです。いつか時期が訪れるでしょう」

コール・シーリー(4位/4位/11位 総合5位) コール・シーリー
「今夜はとてもよかったですね。最終的にトップ5に入れましたが、この位置は常にゲットしなければいけないと思っていたのに達成できていませんでした。開幕からここまでフラストレーションを感じるようなことばかりでした。うまく説明できないのですが、昨年の負傷による代償は思ったよりもきつくシビアなものでした。ここまで戻ってくるのは長い道のりでしたが、開幕当初からスピードはあったと思います。ただすべてをまとめた完ぺきなレースができなかっただけです。結構いい感じで乗れていたと思っても、それがリザルトに反映できていませんでした。ようやくトップ5に食いこめましたし、レース1とレース2では比較的イージーに上位グループと走れました。トリプルクラウンフォーマットは、新しい取り組みとして評価できますが、ちょっと長すぎるのではないでしょうか。12分+1周は今回の例だと16周になりますし、3レースだから合計42周です。レースとレースのインターバルは30分しかないので、身体を休めたり水分補給をしたりするには時間が足りません。今回は20分+1周というトラディショナルなフォーマットではなかったですが、調子が戻ってきている実感があったので、シリーズ終盤に向けての自信につながります。こんなに長くかかったのは残念ですが、上向きになってきたことを喜び、前に進むだけです」

エリック・キーホー(Team Honda HRC監督)
「今夜は本当にジェットコースターのような展開でしたが、2人とも収穫がありました。メインレース1ではそろって好スタートが決まり、ケニーは文句なしの勝利、コールも力強い走りで4位に入りました。すべて順調に思えました。レース2ではケニーがスタートで転倒し、リタイアとなりました。足か足首をやってしまったかもしれないと思いましたが、重傷でなかったことがなによりでした。アルパインスターズ移動救護室で診察を受けたあと、ケニーはレース3への出走を決断しました。コールはレース2まで乗れていましたが、レース3では勢いを失ってしまいました。彼は自信を取り戻そうとがんばっているところなので、今回の総合5位はさらに上を目指すステップになる立派なリザルトです。レース3のケニーは気持ちをスロットルに込めていましたし、走りには彼のメンタルタフネスが表れていました。チャンピオンシップの戦い方を知っていて、離されている現状において1ポイントたりとも無駄にせずベストを尽くしています。彼は今夜もどん欲な姿勢を見せてくれました」

450SX リザルト

レース1

順位 No. ライダー マシン タイム/差
194ケン・ロクスンHonda12'56.696
22C.ウェブKTM+08.562
315D.ウィルソンハスクバーナ+12.686
414コール・シーリーHonda+13.844
525M.ムスキャンKTM+15.714
63E.トーマックカワサキ+15.762
 
1641ベン・ラメイHonda+1Lap
19805カーレン・ガードナーHonda+1Lap
2099オースティン・ポリテッリHonda+1Lap
22800マイク・アレッシHonda+13Laps

レース2

順位 No. ライダー マシン タイム/差
12C.ウェブKTM13'13.940
215D.ウィルソンハスクバーナ+03.121
325M.ムスキャンKTM+05.106
414コール・シーリーHonda+06.664
519J.ボーグルKTM+09.287
616Z.オズボーンハスクバーナ+10.119
 
1341ベン・ラメイHonda+46.874
1599オースティン・ポリテッリHonda+1Lap
16805カーレン・ガードナーHonda+1Lap
2194ケン・ロクスンHondaDNS
22800マイク・アレッシHondaDNS

レース3

順位 No. ライダー マシン タイム/差
125M.ムスキャンKTM13'00.835
23E.トーマックカワサキ+06.001
32C.ウェブKTM+09.800
416Z.オズボーンハスクバーナ+10.932
515D.ウィルソンハスクバーナ+13.339
64B.バゲットKTM+14.781
 
894ケン・ロクスンHonda+23.935
1114コール・シーリーHonda+33.292
1441ベン・ラメイHonda+49.002
1699オースティン・ポリテッリHonda+1Lap
17805カーレン・ガードナーHonda+1Lap
22800マイク・アレッシHondaDNS

450SX ポイントランキング

ライダー

順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
12C.ウェブKTM288
225M.ムスキャンKTM271
33E.トーマックカワサキ262
494ケン・ロクスンHonda252
54B.バゲットKTM215
615D.ウィルソンハスクバーナ201
 
814コール・シーリーHonda160
1110ジャスティン・ブレイトンHonda141
1841ベン・ラメイHonda72
1942ビンス・フリージーHonda65
22805カーレン・ガードナーHonda38
24800マイク・アレッシHonda27
2627マルコム・スチュワートHonda17
2899オースティン・ポリテッリHonda13
38941アンジェロ・ペレグリーニHonda4
42412ジャレド・レッシャーHonda2

ランキング詳細

フォトギャラリー

モータースポーツ >  AMAスーパークロス >  2019 第13戦 ヒューストン 決勝

ニュース