ヘッドライトリペアコート ヘッドライトリペアコート

こんな時にオススメ

1洗車しても
落ちない
汚れがある

2ヘッドライトが
くもっている

ヘッドライトリペアとは?

ヘッドライトの表面には、アクリルハードコートが施されています。
それが劣化すると、素地のポリカーボネート樹脂が紫外線の影響を受け、黄ばみやくすみが発生し、光量が落ちて夜間の視認性低下につながります。また、光量不足により車検が不合格になる可能性もあり、再車検の手間や費用が余計にかかることになります。これらのデメリットを防ぐためにも、ヘッドライトリペアを行い、クリアな状態を維持しましょう。

施工イメージ

施工前

施工前 施工前

施工後

施工後 施工後

黄ばみ・くすみの原因

■ヘッドライト断面図

アクリルハードコート(1コート)防曇コート(1コート) アクリルハードコート(1コート)防曇コート(1コート)
ポリカーボネートの最表面が紫外線劣化黄変 ポリカーボネートの最表面が紫外線劣化黄変

・黄変層を研磨により除去すると、元通りの透明性が回復。
・研磨するとハードコートによる紫外線吸収機能が失われるため、 急速に再黄変。

  • ※ 効果の目安は、使用環境により異なります。
  • ・ひび割れ、傷や内側の汚れは取れません。
  • ・ガラスレンズ、ヘッドライトウォッシャー・ヘッドライトワイパー装着車には使用できません。
  • ※ 詳しくは販売会社にお問い合わせください。
上に戻る