MENU

HONDA

検索

走行性能

エンジン

日常を高揚感で満たす、ダイナミックな走り。

エンジンは低・中回転域のトルク特性を見直し、粘りのある力強い走りを可能とした、399㎤・水冷DOHC直列2気筒エンジンを搭載。動弁系は、バルブ挟み角、ポート形状、燃焼室形状の設計自由度が高いDOHCとし、摩擦の低減に効果的なローラーロッカーアームやサイレントカムチェーンとしている。さらに、180°位相クランクの採用とともに、バランサーの位置をシリンダーの背面とすることでエンジンの低振動化とコンパクト化を実現。優れた静粛性も叶えている。またインジェクションシステムの最適化を図ることで、スロットル開度に対してリニアに反応する特性にも磨きをかけた。

エンジン(イメージCG)

エキゾーストシステム

ツインエンジン特有の、
エキサイティングなサウンド。

マスの集中にも寄与する異型断面ショートマフラーを採用。キャタライザー前後のパイプ体積を大きくすることで背圧をコントロールし、低中回転域でのトルク感を向上。爽快な吹け上がりと、ツインエンジン特有の低音の効いた歯切れよいサウンドがライダーを心地よく高ぶらせる。

クラッチ

扱いやすさを追求した、
アシストスリッパークラッチ。

アシストスリッパークラッチを採用することでクラッチレバーの操作荷重を軽量化。またシフトダウン時の過度なエンジンブレーキを抑制し、フラットダート路面でもより安心感のあるシフトチェンジを可能とした。

アシストスリッパークラッチ カム作動イメージ図

  • 写真はすべて海外仕様車(CB500X)です。
  • 写真はすべて海外で撮影したものです。
  • 走行写真は、プロライダーによる走行を撮影したものです。一般公道で走行する場合は制限速度を守り、無理な運転をしないようにしましょう。