検索
  • 改善対策届出番号:518
  • 届出日:平成29年3月9日
    改善対策開始日:平成29年3月10日

スーパーカブ 110 MDなど2車種の改善対策

概要

不具合の部位(部品名)

動力伝達装置(カウンターシャフト)

不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因

カウンターシャフトにおいて、熱処理後の歪み矯正処理が不適切なため、微細な亀裂が発生しているものがあります。そのため、高い速度で急激なシフトダウンを繰り返すと当該シャフトの亀裂が進展し、折損して走行不能となり、最悪の場合、後輪がロックするおそれがあります。

改善箇所説明図

改善対策の内容

良品のカウンターシャフトに交換します。または、良品のカウンターシャフトを組付けたエンジンアッセンブリーに交換します。

自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置

・使用者:ダイレクトメール等で通知します。
・自動車分解整備事業者:日整連発行の機関誌に掲載します。
・改善実施済車には、その旨を点検整備記録簿に記載します。

対象範囲

車 名

型 式

通称名

対象車の車台番号の

範囲及び製作期間

対象車の台数

備 考

ホンダ

EBJ-JA10

スーパーカブ 110 プロ

JA10-3000201~JA10-3200792
平成24年6月7日~平成28年5月12日

8,773

 

スーパーカブ 110 MD

JA10-3080201~JA10-3118205
平成24年6月8日~平成27年12月28日

31,792

郵政専用車両

 

(計1)

(計2車種)

(製作期間の全体の範囲)
平成24年6月7日~平成28年5月12日

(計40,565台)

 

  • ※対象範囲の一部には、改修対象ではない車両も含まれています。