ジャイロキャノピーなど 2車種のリコール (平成26年7月10日届出)



リコール届出番号
3389
リコール開始日
平成26年7月11日
不具合の部位(部品名) その他(スイングロック機構)
基準不適合状態にあると認める構造、
装置又は性能の状況及びその原因
駐車ブレーキ作動時に車体の直立を保持するスイングロック機構において、サポートブラケットの加工が不適切なため、スイングロックポールとスイングロックプレートの爪部の噛み合いが浅くなるものがあります。そのため、スイングロックプレートの爪部に力が掛かる状態で駐車ブレーキを解除する操作等を繰り返すと、スイングロックプレートの爪部が早期に磨耗し、そのままの状態で使用を続けると、最悪の場合、駐車ブレーキを作動させても車体が傾くおそれがあります。
改善措置の内容 スイングロック機構のサポートブラケットを良品に交換するとともに、スイングロックプレートとスイングロックポールを新品に交換します。
自動車使用者及び自動車分解整備
事業者に周知させるための措置
・使用者:ダイレクトメール等で通知します。

・自動車分解整備事業者:日整連発行の機関誌に掲載します。

・改善実施済車には、車台番号付近にNo.3389のステッカーを貼付します。
 
      

車名

型式

通称名

対象車の車台番号の範囲及び製作期間

対象車の台数

備考

ホンダ
JBH-TA03
ジャイロ
キャノピー
TA03-1102275〜TA03-1107685
平成23年12月13日〜平成25年3月15日
5,411
 
JBH-TD02
ジャイロ X
TD02-1102349〜TD02-1105864
平成23年12月22日〜平成25年3月13日
3,516
 
TD02-1180104〜TD02-1180285
平成24年1月19日〜平成25年1月17日
182
郵政専用車両

 

(計2)

(計2車種)

(製作期間の全体の範囲)
平成23年12月13日〜平成25年3月15日

(計9,109台)

 

(備考)
*対象範囲の一部には、改修対象ではない車両も含まれています。
 
 

<< 戻る