ベンリィ110、ベンリィ110 プロの改善対策 (平成26年2月27日届出)
 
改善対策届出番号
446
改善対策開始日
平成26年2月28日
不具合の部位(部品名) 燃料装置(燃料ホース)
不具合状態にあると認める構造、
装置又は性能の状況及びその原因
 
燃料ホースの配索指示が不適切なため、燃料ホースとブリーザーチューブクランプが干渉するものがあります。そのため、そのまま使用を続けると、走行中の振動で燃料ホースが摩耗し、最悪の場合、穴が開いて燃料が漏れるおそれがあります。
改善対策の内容 燃料ホースを新品に交換するとともに、燃料ホースとブリーザーチューブを固定する樹脂クランプを取付けます。
自動車使用者及び自動車分解整備
事業者に周知させるための措置
・使用者:ダイレクトメール等で通知します。
・自動車分解整備事業者:日整連発行の機関誌に掲載します。
・改善実施済車には、その旨を点検整備記録簿に記載します。
 
車名
型式
通称名

対象車の車台番号の範囲及び製作期間

対象車の台数
備考
ホンダ
EBJ-JA09
ベンリィ110
ベンリィ110 プロ

JA09-1000034〜JA09-1005337

平成23年11月 9日〜平成25年11月11日
5,276
 
 
(計1)
(計2車種)

(製作期間の全体の範囲)

平成23年11月9日〜平成25年11月11日
(計5,276)
 
 
*対象範囲の一部には、改修対象ではない車両も含まれています。
 



改善箇所説明図へ

 

<< 戻る