スーパーカブ110PRO、110MDの改善対策(平成22年5月31日届出) 


改善対策届出番号
398
改善対策開始日
平成22年5月31日
不具合の部位(部品名) フレーム(ハンドルストッパー)
不具合状態にあると認める構造、
装置又は性能の状況及びその原因 
ハンドルの切れ角を規制するストッパープレートをフレームのヘッドパイプへ溶接する作業が不適切なため、溶接の強度が不十分なものがある。そのため、駐車・停車時にハンドルを切ったことによる  衝撃がストッパーに繰り返し加わると溶接部に亀裂が生じ、ストッパープレートが脱落するおそれがある。
改善対策の内容 ストッパープレートとヘッドパイプの溶接部を点検し、ヘッドパイプに亀裂が認められる場合はフレームを良品と交換する。亀裂が認められない場合であって、溶接状態が判定基準を外れたものは溶接補強を行う。
自動車使用者及び自動車分解整備
事業者に周知させるための措置
・使用者:ダイレクトメールまたは直接訪問で通知する。
・自動車分解整備事業者:日整連発行の機関誌に掲載する。
・改善実施済車には、その旨を点検整備記録簿に記載する。

車名
型式
通称名
対象車の車台番号の範囲及び製作期間
対象車の台数
備考
ホンダ
EBJ-JA07
スーパーカブ
110PRO
JA07-3000006〜JA07-3001851
平成21年9月29日〜平成22年3月15日
1,846
 
スーパーカブ
110MD
JA07-3080009〜JA07-3091572
平成21年9月28日〜平成22年2月10日
11,564
郵政専用
車両

   

(計1)

(計2車種)

(製作期間の全体の範囲)
平成21年9月28日〜平成22年3月15日

(計13,410)

 

*対象範囲の一部には、改修対象ではない車両も含まれています。



改善箇所説明図へ


<< 戻る