recyclemarc 廃棄段階のリサイクル
二輪車リサイクル自主取り組み トップページ

資源の有効活用や環境保護などの観点から、日本においては、循環型社会の構築に向けたリサイクルの取り組みが積極的に進められており、家電リサイクル法や自動車リサイクル法といった個別法が施行されるなど、法整備も進んでいます

二輪車においては、Hondaは経済産業省・環境省の指導のもと、国内二輪車メーカー3社[*1]、二輪車輸入事業者12社[*2]および関係各団体[*3]と協力して自主取り組みである「二輪車リサイクルシステム」を構築し、2004年10月1日から運営しています。2011年10月1日からは、当システムの運用前に販売したリサイクルマークが貼付されていない二輪車についても廃棄時にリサイクル料金を無料とし処理を行う事となりました。

Hondaは、お客様が廃棄・リサイクルを希望されるHonda二輪車について、責任を持って適正処理・リサイクルを実施いたします。「二輪車リサイクルシステム」の主旨をご理解いただき、お客様のご協力をお願いします。

[*1] 川崎重工業(株)、スズキ(株)、ヤマハ発動機(株)
[*2] (株)成川商会、(株)MV AGUSTA JAPAN、Piaggio Group Japan(株)、(株)福田モーター商会、(株)イーケィエー、(株)プレストコーポレーション、(株)ブライト、ドゥカティジャパン(株)、ビー・エム・ダブリュー(株)、トライアンフ・ジャパン(株)、(株)エムズ商会、伊藤忠オートモービル(株)
[*3] (一社)日本自動車工業会、(一社)全国軽自動車協会連合会、(公財)自動車リサイクル促進センター
二輪リサイクルシステムの概要
  廃棄二輪車の廃棄・リサイクルの流れ
引取対象製品/引取基準
  二輪車リサイクルシステムで、廃棄時に引き取ることのできる製品とその基準
リサイクル引取対象車両照会
  車台番号から二輪車リサイクルシステムの対象車両、リサイクルマーク貼布対応車両を確認
希望廃棄二輪車の引取窓口
  廃棄二輪車の引き取り場所となっている販売店と、指定引取場所
リサイクル料金
  二輪車リサイクルシステムご利用の料金
リサイクル手続きの流れ
  二輪車を廃棄する時の手続きの流れと、廃棄依頼時の留意点
進捗状況
  自主取り組みによる、取り組みの年次進捗状況
Q&A
  使用済み二輪車のリサイクルに関するよくあるご質問
このページのトップへ