NSR250R
NSR250R
 
エンジン

〈PGM-RCバルブ〉

 エンジン出力を高めるには、充填効率の高効率化が必要です。2サイクルエンジンは、その特性上、充填効率を高めるための排気ポートタイミングが回転数によって異なります。RCバルブIIは、この排気ポートタイミングをスロットル全開時での出力を各回転数毎に最大に発揮させる設定とし、エンジン回転数をCDIユニットを通してコンピュータで検知、適切な排気タイミングを決定します。
 そして、サーボモーターを作動させ、コントロールケーブルによって、大きな開広角と吹き抜けや乱流の少ない基本構造をもつRCバルブを開閉し、低回転から高回転まで幅広い出力特性を発揮させました。
 PGM-RCバルブは、この方式をさらに発展させ、スロットル開度のどの領域でも最適馬力を発生させるために、スロットル開度とエンジン回転数によるマップコントロール方式を採用し、より幅広い運転状況で最適な排気ポートタイミングを設定することが可能となりました。この結果、スロットルリニアリティと高速からの減速フィーリングを一層向上させています。

PGM-RCバルブ   PGM-RCバルブ




← 前ページへ--- 目次へ--- 次のページへ →