検索

Round01日本ツインリンクもてぎ

J-GP2 決勝

2018年4月8日(日)

栃木県

作本輝介が開幕戦で勝利。岩戸亮介が3位表彰台に登壇

全日本ロードレース選手権、J-GP2クラスの開幕戦が、栃木県のツインリンクもてぎで開催されました。昨年のチャンピオン・水野涼がJSB1000クラスにステップアップしたことでゼッケン1不在の戦い。今季からは2017年のJ-GP3王者・伊達悠太が参戦を開始しました。

予選は、冷たい雨は上がったものの、ウエットコンディションで開催。ポールポジションを獲得したのは、水野の後を継いだ名越哲平(MuSASHi RT HARC-PRO)、2番手に岩戸亮介(Team 髙武 RSC)、3番手に関口太郎(Team TARO PLUSONE)となり、Honda勢がフロントローを独占しました。

ホールショットは岩戸、2番手に関口が続きます。榎戸育寛(Kohara Racing Team)が3コーナーで転倒する波乱の幕開けとなったものの、榎戸は再スタート。レースへ復帰し追い上げます。

オープニングラップを制した岩戸を追い、尾野弘樹(スズキ)とケミン・クボ(ヤマハ)がトップ集団を形成。その後方で名越、関口、作本輝介(Team 髙武 RSC)、岩崎哲朗(カワサキ)、三原荘紫(TONE RT SYNCEDGE4413)が続きます。

トップ集団が1分54秒台にタイムアップして逃げ始める中、関口、作本、名越、岩崎、三原が3番手を争います。しかし、名越は130Rでスロー走行し、マシンをストップ。そのままリタイアとなってしまいました。

レース折り返しとなる11ラップ目に、作本が首位へ浮上。ケミン、岩戸、関口が追い、トップ争いは激しくポジションを変えながら周回を重ねます。5番手争いも石塚、徳留真紀(マルマエPLUSONE)、岩崎、三原と順位が変化します。20ラップ目には作本、岩戸、ケミン、関口というオーダーになり、岩戸とケミンの2番手争いは、マシンが触れ合うほどの激しさとなります。各所で激しいバトルが起こる中、22周のレースが終了し、チェッカーフラッグ。作本が逃げきり開幕戦優勝、3位に岩戸となりました。関口は4位、榎戸は13位まで追い上げました。

コメント

作本輝介(J-GP2 優勝)J-GP2 作本輝介
「レースウイークでいい流れを作ることができませんでした。決勝朝のフリー走行でも確信が持てず、自信がないままグリッドに着きましたが、グリッドが悪かったので、できるだけ前にいくことだけを考えました。ブレーキのセッティングをうまく出すことができなくて、リアのグリップが足りずに思うような走りができなかったことが心残りです。最後はペースアップして逃げたかったのに、それもできませんでした。反省ばかりですが、昨年の開幕戦は病院にいたことを思うと、優勝してシーズンが始まったことをうれしく思います。チームに感謝しています。次は、しっかりと納得できる走りがしたいです」

岩戸亮介(J-GP2 3位)J-GP2 岩戸亮介
「トップに出て逃げたいと思っていましたが、大きなミスで遅れてしまい、そこからばん回することができませんでした。ケミン選手を抜いて前に出たかったのですが、コーナー進入で並ぶことはできても抜ききれずに終わりました。自分の得意なブレーキングを生かせるマシンに仕上げることができなくて、勝負しきれずに悔しいです。しっかりとレースウイークを使ってマシンを仕上げることができるようにしたいですし、次は自分のよさを生かして勝負がしたいと思います」

関口太郎(J-GP2 4位)J-GP2 関口太郎
「事前テストで転倒して右足の側面を骨折してしまうというケガもあり、マシンも仕上げきれていなくてトラブルも出ていたので、無理ができない状況でした。昨年のもてぎのタイムに比べれば、速いペースではなかったので、本来なら前に出てレースを引っ張れたと思うので残念ですが、この状況でトップが見える位置にいられたので、上出来だと思います。次戦までにはケガも治し、マシンも仕上げて、優勝を狙える状況にしたいと思っています」

J-GP2 リザルト

順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
116作本輝介Honda2242'12.514
210ケミン・クボヤマハ22+0.266
34岩戸亮介Honda22+0.313
444関口太郎Honda22+0.786
536徳留真紀Honda22+10.526
670岩﨑哲朗カワサキ22+10.614
771三原壮紫Honda22+13.838
87石塚健カワサキ22+22.331
9090中村修一郎Honda22+23.364
1029和田留佳カワサキ22+29.172
1164伊達悠太Honda22+29.964
1212大木崇行Honda22+30.205
13 34 榎戸育寛 Honda 22 +53.416
17634名越哲平Honda4+18Laps

J-GP2 ポイントランキング

順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
116 作本輝介Honda25
210クボ・ケミンヤマハ22
34岩戸亮介Honda20
444関口太郎Honda18
536徳留真紀Honda16
670岩﨑哲朗カワサキ15
771三原壮紫Honda14
9090中村修一郎Honda12
1164伊達悠太Honda10
1212大木崇行Honda9
1334榎戸育寛Honda8

ランキング詳細

フォトギャラリー

モータースポーツ >  全日本ロードレース選手権 >  2018 開幕戦 ツインリンクもてぎ 決勝(J-GP2)

ニュース