•                    
  • 検索結果一覧
  •                    
ヴェゼル
Hondaの開発企画担当者への誉め言葉

Hondaの開発企画担当者への誉め言葉

ヴェゼル Advance
Jinbei Diver
70代以上/男性/海外 2022年1月22日投稿

在英40年です。2021年2月にJazz(Fit)の試乗をし、これがBセグメントかと驚嘆し(大袈裟ではない)即購入しました。それまで乗っていたTの2010年式HVとは全く別物なHV車になっていること、サスもフランス車並み、静粛性、高速長距離性能など完全に満足。夏にはスコットランド北部にあるNorth Coast 500という500マイル(約800キロ)の一周コースも楽々走破できました。というわけでHondaのe:HEVに惚れ込んでHR-V(ヴェゼル)2022年式も購入。Hondaのクルマには殆どのユーザーが気の付かない隠れたフィーチャーがあることに注目し、これらを製品化した開発企画担当者の皆さんに感謝したいと思います。その例を2つだけ挙げます。
1)伸縮式サンバイザー:当地は冬季になると太陽が地平線から25度位にしか登りません。太陽の光が特にドライバー側のウィンドーから真横に差し込むのが目に入って大変に気になります。HR-Vのサンバイザーはウィンドー横枠をほぼ覆うように伸縮するデザインになっており大変に助かります。動画共有サイトで紹介されていたこのフィーチャーは当地のセールスマンも知りません。ほとんどのユーザーも気が付かないまま終わるのではないでしょうか。
2)パドルシフト式エンジンブレーキ(シフトダウン):私の住んでいるところは急な坂道が多くあり、マニュアルでもトルコン変速車でも下り坂でエンジンブレーキを多用しています。普通のCVTはBモードがあるだけでON/OFF出来るだけ。HR-VのeCVTは多段で動作するようになっており、シフトアップは出来ませんがシフトダウンの効くパドルシフトは大変に役立ちます。どれだけのユーザーがこの機能を利用するか疑問ですが私にとってはありがたい機能です。以上担当者の皆さん、ありがとう!!!

※海外仕様車

総合評価

★★★★★

お気に入りポイント

  • 内装/居住性
  • 走行性能
  • 乗り心地
  • 装備/オプション
  •                             
  • 検索結果一覧
  •                           
PAGE TOPへ