•                    
  • 検索結果一覧
  •                    
シャトル
ハッチバックに腰掛けよう!

ハッチバックに腰掛けよう!

シャトル HYBRID X・Honda SENSING
元ホンダキング
60代/男性/埼玉県 2020年4月26日投稿

フィット シャトルを妻が、そしてマイナーモデルチェンジ直後のシャトルに私が乗っています。
フィット シャトルは、2012年に購入してから8年が経過しようとしていたので、下取りに出すつもりでしたが、ユーティリティが充実していて、背の低い妻には運転もしやすいらしく、結局、妻が乗り継いでいます。
その妻に言わせると、新型シャトルは、ダッシュボードもコンソール部分も高い位置にあって、自分が埋もれてしまう感じのようです。
それでも、男の私にとっては、Sモードとパドルシフトの選択により、セミオートマ感覚で運転でき、加速もよいので、フィット シャトルの時よりも、長距離運転が楽しくなりました。
何より、燃費が良く、満タンで高速道路を800キロ以上走れることが、シニアの節約人生にはとても助かります。半年が経った現在の走行距離は5,800キロですが、これまでの給油は8回です。
ハッチバックを開けたところに腰掛けたことありますか?シャトルは座りやすい高さで、景色を眺めたり、少しくらいの雨ならしのげます。カーゴスペースもとても広くて、後席を畳むと2人で寝袋で寝ることもできます。シニア2人にはとても使い勝手のよい車です。

Sモードとパドルシフトの組み合わせで、セミオートマのような操作ができ、MT免許しかなかった世代の人間には、運転の楽しみを取り戻す機会ができた。
燃費については、高速道路でもコンスタントに23km/Lを記録しており、満タンで800キロ以上を走行することができました。

総合評価

★★★★☆

お気に入りポイント

  • 走行性能
  • 燃費/経済性
  •                             
  • 検索結果一覧
  •                           
PAGE TOPへ