S660
まるでバイクのようなクルマ
まるでバイクのようなクルマ
まるでバイクのようなクルマ

まるでバイクのようなクルマ

S660 α 特別仕様車 トラッドレザーエディション
エスロクGG
60代/男性/岡山県 2019年3月6日投稿

昨年の11月、16年で20万キロ走った大きなミニバンを手放すことを決めたとき、次は軽自動車に、と思っていました。S660乗りならおそらくほとんどの人が知っているであろう、S660のHonda史上最年少開発責任者に抜擢されたM氏。彼は高校生時代、私が顧問をしている部活動に所属していました。私の職業がばればれですが、もう退職しているので構わないでしょう。そんなこともあって、軽自動車を買うと決めたときにS660のカタログに手が伸びたのはある意味必然でした。タイミング的にトラッドレザーエディションが発表される時期と重なったため、躊躇することなくこれに決めました。受注受付開始と同時にディーラーさんがポチッとしてくれたのですが、納車後一か月で走行距離は2,000kmを少し超えたところです。それにしてもS660のコーナリング性能のすばらしさは特筆ものです。M氏が「このクルマは本当に楽しいですから、是非試乗してみてください」と話してくれたことがあったのですが、その言葉どおり、まるでバイクに乗っているような楽しさを感じるクルマです。(私はライダーでもありますので)
今日は快晴だったので、オープンにして玉島ハーバーアイランドまで走ってきました。当地の冬は雪もなく晴れることが多いので、真冬でもバイクジャケットに身を包めばオープンで走れます。これからもS660で楽しく走り続けたいと思っています。
一度は乗ってみたいと思っていたミッドシップオープンツーシーターに、乗るだけではなく「所有」する機会を提供してくださったM氏と開発及び製造に関わられたHondaと関連会社のすべての皆さんに感謝を込めて。

見た目については、この車を見たほぼすべての人が「かわいい」とか「かっこいい」という反応を見せてくれます。私自身も文句なしにかっこいいと思っています。また、トラッドレザーエディションの内装は、黒一色のアグレッシブな標準のカラーリングに比べて大人の雰囲気を醸し出していて、私のようなひと年食った者には似合うように思います。
また、見た目だけではなく、この車はコーナリング性能がずば抜けてすばらしいと感じています。よく行く場所の一つにタイトなコーナーが連続する山道があるのですが、以前のミニバンでは不可能な走りが可能です。着座位置が低いために速度感は増しているとは思いますが、スピードメーターを見ると、実際にそれなりに早い数値を示しているので、やっぱりな、とほくそ笑んでしまうのです。
そして、そんな風に結構自分ではエンジンを回して走ったようなつもりでも、燃費は20km/Lを超え、普通に長距離を走れば22km/Lを超えるという、カタログデータ以上の数値を出してきます。これには驚きました。街中ばかり、それも短距離を走るという悪条件でも18km/Lを超えています。税金も安いし言うことありません。
とにかく乗っていて楽しい、サイドカー付きのバイクに乗っているようなクルマです。

総合評価

★★★★★

お気に入りポイント

  • 外観
  • 走行性能
  • 燃費/経済性
PAGE TOPへ