インスパイア
私の初めてのHondaの新車
私の初めてのHondaの新車
私の初めてのHondaの新車

私の初めてのHondaの新車

インスパイア AG-i(MT)
俺ってホンダ党かな?
50代/男性/福島県 2017年8月17日投稿

私のHonda車初の新車としてH2年3月に納車された日が長女の幼稚園の卒園式、その長女も今は小学生2人の母親になり28年近く家族5人の人生そのものと歩んできました。その中で真っ先に思い浮かぶのはキャンプ道具満載での鈴鹿F1GP観戦、Hondaエンジンを搭載したF1マシンのコックピットでブラジル国旗を翻しながら目の前を駆けて行くアイルトン・セナと時を共有できた事です。16年10月の黒のインスパイアの投稿でも記させて頂いた通り、燃費も向上し今リッターあたり16.4キロを記録しました。走行距離もだいぶ伸びて42万2千キロ、未だにボディー剛性の低下やエンジンのパワーダウンも感じることなく人間工学も良く研究されしっかりと造りこまれた車なんだなあとつくづく感じると共に、あの当時FFミッドシップを掲げあえて難しい縦型5気筒エンジンと駆動系統に挑みレギュラーガソリンでも乗りやすくパワーのあるエンジンを創り上げたHondaのテクノロジーには感心するばかりです。これからも色々困難な事もあるかも知れませんが、走れば走るほど楽しくなるインスパイア、我が家の思い出を乗せながらいつまでも走り続けたいと思います。今までありがとう!そしてこれからもよろしく!1枚目の写真は17年4月猪苗代湖。2枚目は14年10月県内昭和村。3枚目は16年10月、2代目オーナー予定息子たちの協力で近くの公園にて。

流れるようなフォルムに魅せられて購入したのですが実は、シートポジションがとてもしっくりして1日500キロくらいの長距離では殆ど疲れない事。FFとして理想的な重量配分がもたらすリニアなハンドリングと安定したコーナリング。5気筒の不等長エキマニからくる心地よい躍動感としなやかな乗り心地。5速のまま1000回転付近でもスムーズに走れてしまう粘り強い低回転トルクと高回転までストレス無く回るエンジン。車速とエンジン回転数に合わせるギアセレクトとクラッチミートの瞬間等々。それらがトータル的なバランスの高さと気持ち良さを醸し出し、眺めても乗っても飽きないでいられる要因なのではないのでしょうか。

総合評価

★★★★★

お気に入りポイント

  • 外観
  • 走行性能
  • 乗り心地
  • 燃費/経済性
PAGE TOPへ