•                    
  • 検索結果一覧
  •                    
グレイス
瀬戸内沿岸をセダンでクルーズ

瀬戸内沿岸をセダンでクルーズ

グレイス LX
ケイシン
60代/男性/山口県 2017年12月28日投稿

4年前M社の中古小型車(5,000キロ)を妻の勧めで購入した。定年退職の身でもあり、これを乗り続けるのかと、その時点では納得してはいたが、その後もそれまでに15年間乗り続けていたシビック フェリオの良さが忘れられないまま、その中古車を運転し続けていた。シビックのエンジンは故障知らずであったが、寄る年波に若干心配になり、M社に乗り替えた。車体の色も白から黒になり、内装も劣る状況で日増しにシビックと同様のセダンに恋い焦がれるようになった。世間ではワンボックスカーやミニバンなどが目立ち中々小型車でのセダンが少なく、ダメもとでHondaのHPを閲覧したところ『グレイス』が目に留まり一目ぼれした。以来何度もHPを見ては、まずカタログを本社から頂き、その後地元ディーラーの門をたたいた。まずは試乗をと勧められハイブリッド車を運転してみたが、今までのガソリン車に慣れているせいかやや加速が今までと異なることに加え、一番は燃費は良いが車両価格がガソリン車に比べて高く、自分の場合、その差額が5年間のガソリン代となると判断した。オプションについては、運転が上手くない娘が運転することも考えて安全装備関係を極力装備した。そしてついに納車の日が思ったより早く到来した。今、真っ白いグレイスで燃費をいかに伸ばすのか、毎日Internavi LINCでログを見るのが楽しみである。M社を勧めた妻は今春他界し、自慢の新車に乗せることがかなわなかったのが残念でならない。

外観は、やはりセダンである。そして、他者に目につきやすい白色である。
内装はHondaらしいシンプルでかつ高級感あるところ。
走行性能もスムーズでアクセルをふかしても静かな走りである。そのうえ燃費もさらに向上しているように感じる。

総合評価

★★★★★

お気に入りポイント

  • 外観
  • 内装/居住性
  • 走行性能
  • 燃費/経済性
  •                             
  • 検索結果一覧
  •                           
PAGE TOPへ