•                    
  • 検索結果一覧
  •                    
フリード
感動のクリスマスプレゼント

感動のクリスマスプレゼント

フリード HYBRID G・Honda SENSING(4WD)
二代目銀色フリード
30代/男性/山形県 2017年12月31日投稿
クルマのご購入を考えたきっかけ
2012年型先代フリード Gエアロ(4WD)を5年9ヶ月所有し、「自分だけの一台」をモットーにあれこれしながら気の赴くままに、愛着を持って乗ってきました。購入当時独身だった私も昨年結婚、引っ越しと環境が劇的に変動していきました。
同じくクルマを取り巻く環境も変わりました。引っ越し後は通勤距離も従来の半分以下となり、市街地走行がメインのため、ここ1年程は燃費の伸び悩みが続き、家計管理係の妻からは「今月はガソリン○回入れたね」「○月は給油回数多かったね」とチェックされてきました。そう、実は財政問題を抱えての事です。
2017年も師走に入って最初の日曜日、前車の不具合をきっかけに現居住地の最寄りのHonda Carsを訪ねた際、帰り際に昨年の発売時から気になっていた現行フリード ハイブリッドを試乗。試乗後、同乗した営業担当さん(以下Y様とします)との話の流れで査定・維持費の話題になり、前車と現行ハイブリッド車の今後5年間の維持費比較をして下さるとの事でお願いしたところ、ある程度想定はしていましたがかなりの差になる事が判明。妻共々驚愕し、その日は日没後まで居座ったのちカタログや資料を貰って帰宅。深夜近くまで妻と協議の末、前車を降りた方が今後のためになるとの事で一致、乗り替えに至りました。
ご購入までのエピソード・ストーリー
前車も購入前には何かと物議を醸し、色々な思いを巡らせようやく手にしたクルマ。燃費は伸び悩んでも愛着はありました。昨年FMCがあり、Honda SENSING、ハイブリッド車にも4WDが採用され「次こそはハイブリッド車のフリードを買う」つもりでした。ですが昨年出たばかりで、これまで初代フィット、フリードといずれもマイナーチェンジモデルを狙って購入してきたので「時期尚早」と思い、現行フリードもマイナーチェンジを待っているところでした。
また現行型は価格も上がってしまい、妻からは「あと2〜3年は我慢、今は到底無理だからね」と釘を刺されていたので、「せめて次の車検までは大事に乗ろう」と考え、新型フリードは夢でしかありませんでした。
しかし、待ったら待ったでマイナーチェンジは何時になるのやら。その間に消費税増税の可能性。家計に響く燃料費…。査定に関してもじわじわ下落しますと担当Y様より。急かすつもりではありませんが「査定が高く付く内にお考え下されば嬉しいのですが…」との言葉。天命を待つのみです。
そしてそれがたまたま最寄りの販売店を訪れた際の試乗と維持費の話を機に、突如としてやって来る。維持費勘定の結果が、それまでNGと言っていた妻の考えを覆し、「勿体ないけど新しいクルマにした方がいいのかもね」と。私は「時期尚早だけど新型に乗れるぞ!」と内心は大喜びでした。
それからは休みの度にお店通い。ボディカラーをルナシルバー・メタリック、グレードをHYBRID G・Honda SENSING(4WD)の一本に定め、ナビやエアロパーツ等前車以上にディーラーオプションを盛り込み、契約。以降もY様とメール等でやり取りを重ね、急なお願いにも応じて下さいました。また前車の所有者が親父のため、必要書類を実家に送付するなどやる事が多かったですが、実は今回が初めて自分の力(名義)で購入したクルマなので、クルマを購入する手続きを改めて学んだ次第です。
また、維持費勘定も去る事ながら、もう一つ驚いたのが納車までの期間と納車日。新車なのに革命的な早さ、クリスマスイブに納車。過去30年にして最もビッグ過ぎる自分へのクリスマスプレゼントとなりました。感動です。
何が購入の決め手になりましたか?
複数になりますが、一つ目は前述の通り維持費軽減に繋がる事です。前車購入当初は仕様上仕方ない面もあり、それほど燃費を気にせずいましたが、使用環境が変化し、燃費を稼げない状況も続いている事に違和感を覚える事も多くなりました。そんな中で今後のガソリン代、次回以降の車検をプラスするとかえって不利益になってしまう事がこの度の商談時の維持費勘定で気付かされました。かなり開く差額には驚きを隠せませんでしたが、毎日乗る必要がある以上、前車の維持費を賄うのは非常に困難な状況に至る事も否めませんでした。それをハイブリッド車に乗り替える事で、まずは給油回数、ガソリン代から少しでも抑えていこうという狙いがありました。
二つ目はHonda SENSINGが搭載される事です。今までのカーライフを見直すと危険な目を見た事は多々あり、前車時代に修理代が多額に及んだ際に両親からは「次はない」と言われた事もありました。結婚後は運転免許を持たない妻の送迎や休日のお出掛けにも妻と一緒なので安全面は最重要視としておりました。実際、クルマが本当に意思を持っているかの様な性能にHondaのこだわりを感じます。
三つ目は販売店のバックアップがあった事です。実家を離れているため、付き合うお店も変えましたが、今回フリードを購入した販売店は2月に前車の車検、その後のメンテナンスで何度か訪れており、今後も来る事になるだろうと思い、クルマの駆け込み寺としていました。
結果、購入もその駆け込み寺からとなりましたが、販売会社が県内で最もネットが広い事、担当のY様が私達の財政事情を考慮して残クレや保険などのプランを提案して下さった事、販売店の年末フェアが適用される事、下取りに納得の条件を出して下さった等、バックアップ体制に恵まれた中での購入劇でした。
何より、フリードというクルマが好きな事も理由の一つです。
同じクルマを検討している人へアドバイス
自分にはやや高価に感じられますが、雪国でもハイブリッド車に乗りたい方は検討に値します。かつ、ミニバンの機能、扱いやすさを求めるなら買いです。
Honda SENSING搭載車は完成度が高く、装備充実で満足感も得られます。
1.5Lクラスのコンパクトミニバンでハイブリッド車で4WDを実現出来るのは、Honda技術だからこそだと思います。

総合評価

★★★★★

お気に入りポイント

  • 燃費/経済性
  •                             
  • 検索結果一覧
  •                           
PAGE TOPへ