MENU
HONDA
検索
「FF使い」に聞く「CIVIC TCR」&「シビック TYPE R」Vol.1

「FF使い」に聞く
「CIVIC TCR」&「シビック TYPE R」Vol.1

市販のFF車をベースとした「TCR」と呼ばれるカテゴリーが、世界的に大きな盛り上がりを見せています。Hondaもこのカテゴリーに「CIVIC TCR」を投入。世界戦の「WTCR」、2019年から始まった「TCR Japan」ほか、世界各国の「TCR」で活躍を見せています。
今回は、シビック TYPE R開発責任者の柿沼秀樹が「TCR Japan」にCIVIC TCRで参戦する塩谷烈州さんを直撃。「FF使い」として知られる塩谷さんから、CIVIC TCRについて、そしてFFのドライビングについて聞きました。

聞く人

柿沼 秀樹

柿沼 秀樹
シビック TYPE R開発責任者。1991年に入社後、サスペンション性能の研究開発部門で、運動性能にまつわる車両ディメンションやサスペンションジオメトリーなどの研究開発を担当。1999年のS2000以降、シビック TYPE RやNSX等スポーツモデルを中心に車両運動性能開発を手がけてきました。社内トップライセンスを持ち、開発ドライバーとして、ニュルブルクリンク等でのテスト走行も行う「走るエンジニア」です。

答える人

塩谷 烈州

塩谷 烈州(しおや れっしゅう)
レーシングカーやジムカーナ車両の製作・メンテナンスの他、カメラカーの製作や運用、映像制作のアシストを行う有限会社ジーモーションの代表にして、様々なレースに参戦するジェントルマンドライバー。2011年にスーパー耐久ST-4クラスでチャンピオンを獲得し、その後もトップ争いを展開。2017年・2018年にはFIT 1.5チャレンジカップで2年連続チャンピオンを獲得するなど「FF使い」として知られています。

カメラカーのドライビングも超一流

──柿沼さんと塩谷さんは、以前から付き合いがあったとか。

柿沼

「烈州さんとの出会いは、ニュルブルクリンクでやっていた開発テストを撮影してもらったときでしたね。烈州さんが運転するカメラカーから撮影された映像は、とにかくブレが少ないし、カメラアングルも完璧で、驚いた記憶があります」

TCR JAPAN
塩谷

「ありがとうございます。もう何十年も前ですが、まだレースを始めて間もない頃に『カーグラフィックTV』を手がける会社の社長から『カメラカーのドライバーをしてみないか』と声をかけてもらったのがきっかけです」

柿沼

「あれは、当時のクルマ好きがみんな見ている番組でしたよね」

塩谷

「そうです。僕も中学生の頃から見ていたので、ずっと自分の中に『こんな映像だったらカッコいい』というイメージがありました。自分なりに走りでそれを表現しているうちに『お前、カメラカーうまいな!』と褒めてもらえるようになって、今に至るという感じです」

カメラカーのセッティングをする塩谷さん。カメラマンが望む最適なアングルへと的確にクルマを運ぶテクニックで高い評価を得ています。

柿沼

「そうだったんですね!」

塩谷

「そんなこんなで、Hondaさんのプロモーション映像も、いくつか協力をさせてもらっているんですよ」

「FF使い」塩谷さんのレース歴

──塩谷さんは、『FF使い』として知られていますよね。その視点から、究極のFFレーシングカーであるTCRマシン、そしてシビック、シビック TYPE Rについて語っていただこうと思って、ここまでお伺いした次第です。

TCR JAPAN
塩谷

「『FF使い』って言うと、FFしか乗れないみたいじゃないですか(笑)」

柿沼

「ところで、烈州さんはどのようなレース遍歴でここまで来られたんですか?」

塩谷

「最初はザウルス・カップです」

柿沼

「日産さんのシングルシーターのレースカーですね」

TCR JAPAN
塩谷

「そうです。そのあとは激戦区だったAE86レビン・トレノで4〜5年ほどレースをして」

柿沼

「じゃあ、最初からFF使いだったわけではないんですね」

塩谷

「はい。最初のFFは、『EK9』で出たシビックワンメイクレースでした。あの頃は良かったですねえ……ワンメイクレースのベース車両が、たしか100万円以下で買えました」

シビックワンメイクレース

シビックワンメイクレース。腕自慢のドライバーたちが、日本各地で熱いバトルを繰り広げました。先頭を行くのが塩谷さん。

──それはお得……。

塩谷

「ほとんど、ボディにエンジンとミッションが載っかっているだけという状態のものですね。そこからダンパーとかボディ補強とかいろいろと手を加えて、総額350万円くらいでマシンを作ることができました。その金額でできるクルマとしてはものすごく速かったこともあって、非常に盛り上がりましたね」

柿沼

「そのあとはずっとHondaに?」

塩谷

「そうですね。DC5のインテグラでインテグラワンメイクレースやスーパー耐久に参戦しましたし、『FIT 1.5チャレンジカップ』では2017、2018と2年連続のチャンピオンも獲得しました」

インテグラ

塩谷さんたちが走らせるインテグラのパフォーマンスはいまだ一線級。最新の車種を相手に互角以上の勝負を繰り広げることも。

FIT 1.5 チャレンジカップ

FIT 1.5 チャレンジカップでは2017、2018と2年連続シリーズチャンピオンに。

──シビック以降のキャリアを見ると、まさしく『FF使い』ですね。

塩谷

「まあ、そうですね。いや、うれしいし誇らしいんですよ。そう呼んでいただけることは(笑)」

  • 1

  • 2

page top