MENU

HONDA

検索
除雪機かんたんガイド

除雪作業のコツ

除雪作業の上手なやり方と除雪作業中の注意点をご紹介します。

除雪作業中の注意点

エンジン始動時の注意事項

エンジン始動時の注意事項

エンジンが暖まっていない時は、チョークを引き始動してください。始動後は必ずチョークを戻してください。
一定時間作業した後など、エンジンが暖まっている時、オートチョーク搭載モデルでは、チョークを引かなくても始動できます。
周りに人やペットがいないかを確認

周りに人やペットがいないかを確認

作業範囲内に、人やペットがいないかを確認してください。
投雪は人やクルマ、建物等に向けない

投雪は人やクルマ、建物等に向けない

投雪は人やクルマ、建物等に向けて行わないでください。投雪方向の調節は状況に応じて適切に行ってください。
滑りやすい場所では低速で運転

滑りやすい場所では低速で運転

傾斜面を横切って除雪すると、横滑りすることがあります。雪の上での作業は滑りやすく、転倒するおそれがあります。滑りやすい場所では、必ず低速で運転してください。
雪詰まりを取り除く際はエンジンを切る

雪詰まりを取り除く際はエンジンを切る

雪詰まりを取り除く場合は、必ずエンジンを切り、鍵を抜いてから、雪かき棒を使って行うようにしてください。
ロックボルト交換時の注意事項

ロックボルト交換時の注意事項

除雪作業中に異物などを噛み込み、オーガのロックボルトが折れた時は、必ずエンジンを切り、鍵を抜き取ってからロックボルトの交換を行ってください。

上手な除雪作業のやり方

除雪作業の開始

除雪作業の開始

1. エンジン回転調整レバーを高速に合わせます。
2. 速度調整レバーは低速から除雪作業を始めましょう。
3. 作業速度を徐々に上げていきましょう。
負担に合わせた除雪幅の変更

負担に合わせた除雪幅の変更

深い雪や固くなった雪でエンジン回転が落ちる場合は、除雪部に掛かる雪幅を狭くすると、上手に除雪できます。
固い雪の前後進除雪

固い雪の前後進除雪

固くなった雪などで除雪部が乗り上げる場合には、前、後進を繰り返して除雪を行えば、きれいに平らに出来ます。
車速を落とした断続除雪

車速を落とした断続除雪

深い雪や重い雪の除雪時にエンジン回転が落ちる場合、
1. エンジン回転が回復するまで速度調整レバーをN(中立)に合わせてください。
2. 除雪部の雪がなくなり、エンジン回転が回復したら前進してください。
積雪量が多い時の段切り除雪

積雪量が多い時の段切り除雪

積雪量が多く、除雪部よりも雪が多い場合などは段階的に除雪を行います。

【のぼる時】
オーガハウジングの高さを調整して、除雪部を少し上げます。

【くいこませる時】
オーガハウジングの高さを調整して、除雪部を少し上げます。
必要に応じて、ソリの位置を調整してください。

正しい操作で、安全除雪。

  • ご使用前に取扱説明書を必ずお読みください。
  • 除雪以外の目的では使用しないでください。
  • 除雪作業はマナーを守り、周囲の安全に注意しましょう。
  • 雪づまりの除去や点検をする場合は、必ずエンジンスイッチまたは電源スイッチを「停止」の位置にしてから行ってください。
  • 使用前の点検と使用後の整備を忘れずに。