MENU
HONDA
検索

地球を知り、地球を守る Honda 環境の学校 Honda KANKYO SCHOOL

森は水や空気をきれいにし、
海は気候をおだやかにしてくれます。
この豊かな地球環境を守るために、私たちができることは?
Hondaも社会の一員として、環境への負担を減らすクルマづくりや地域の人たちとの森や海を守る活動をしてきました。
「今、じぶんにできること」それは自然のいまを知り、一人ひとりが自然を守るココロをもつこと。
さぁ、 Hondaといっしょに「環境の学校」で自然のことを学ぼう!

NEW ARRIVAL

新着コラム

おいしいウナギが絶めつのピンチ…!?
私たちが食べているニホンウナギは、日本から南にはるばる泳いで、グアムがあるマリアナ諸島沖で産卵するよ。卵はふ化すると海…
森を知る
温暖化で海の流れが止まってしまう!?
海流とは風によって一定方向に動く海水の流れのこと。親潮や黒潮など、海の浅い部分を流れる表層海流が知られていますが、実は…
海を知る
地球の砂ばく化で森や湖が消えている!?
地球の陸地の約43%をしめるかんそう地域では人口が急増。その結果、この地域の限られた自然をめぐり、家ちくが草を食べつくし…
森を知る
サンゴは地球温暖化の救世主!?
たくさんの生き物が暮らし、〝海の熱帯林〟と呼ばれるサンゴ礁(しょう)。それを形作るサンゴは、体内に光合成をして生きる藻類…
海を知る
遺伝子を知って自然を守ろう!
私たち人間はもちろん、すべての生き物は細ぼうの中に「遺伝子」をもっているよ。 遺伝子は生き物の設計図のようなもので、進化…
森を知る
大変、北極の氷がとけている…!
今、地球温暖化で気温が上がり、地球の氷が減っているよ。北極海では夏の氷面積が、1980年に800万km2あったのが、2019年には3…
海を知る
ポリネーターが減ると食料不足になる!?
みんなは「ポリネーター」って知ってる?植物の花粉を運んで受粉させるハチやチョウ、小動物や鳥などのことで、植物の90%がポ…
森を知る
海にも二酸化炭素がいっぱい?
今、地球では二酸化炭素が増えすぎて、さまざまな環境問題が起きているよ。たとえば海では、増えすぎた二酸化炭素が海中にとけて、…
海を知る
私たちの生活が熱帯林をこわしている!?
地球の赤道付近にある熱帯林。この森林では生物の多様性が保たれ、また地球から出る二酸化炭素を酸素に変える重要な役割を果たして…
森を知る
地球温暖化で海水温が上がるとどうなるの?
みんなは「地球温暖化」って知ってる?二酸化炭素やメタンなどの温室効果ガス(電気を作ったりゴミを燃やしたりする時にたくさん発生…
海を知る
里山があれると、どんな問題があるの?
みんなは〝里山〟って知ってる?里山は、田んぼや畑、たきぎや炭に活用する森など、数百年もの間、人が暮らしに利用するために手を…
森を知る
海水浴ができなくなるってホント!?
今、日本の砂浜がどんどん失われています!日本の海岸線は世界で6番目に長いので、そのぶん砂浜も多くあります。しかし日本の砂浜…
海を知る
シカが森を枯らしてしまう!?
世界で野生動物による森林ひ害が起きているけど、日本ではその約3/4がシカによるもの! シカが植物を食べつくし、森が元に戻らな…
森を知る
海の色が変わる「赤潮」ってなあに!?
食器を洗うとき、油などのよごれや洗ざいを水で流しているよね。その水にはチッ素やリンなどがふくまれ、やがて海に流れて植物プラ…
海を知る
どうして人工林には世話が必要なの?
日本の森は何と半分が人工林!木材を利用するために植えたスギやヒノキなどの森で、人が植えて育てるので〝木の畑〟ともいわれている…
森を知る
海にただようペットボトルやポリぶくろはどうなるの!?
海に流れ着くゴミによって、魚や鳥、ウミガメなど700種以上の生き物が傷ついたり死んだりしているそう。そのうち92%はプラスチック…
海を知る
砂浜に何でゴミが落ちているの!?
普段の生活から出るゴミ。うっかり風で飛ばしてしまったり、「あとで持って帰ろう」と思って忘れてしまったりしたことはありません…
海を知る
森の木を切りすぎると、海の魚が減ってしまう!?
人間が手入れをせず、自然な状態で健康を保っている森を「自然林」といいます。「自然林」は地面と木が土台になってできていて、そ…
森を知る

FEATURE

特集

INTRODUTION

自然のこと、まずはじめに。

自然のこと、まずはじめに。
森や海、川、草原、湿地(しっち)……ひと言で「自然」といってもさまざまな環境があり、それぞれの環境に適した生き物がくらしています。そして、人間にとって自然は水や食べ物、薬、洋服、住居から地域の文化といったものまでをつくるもとになっています。つまり、自然があるから私たちのくらしは成り立っているのです。

ところが今、自然環境は悪化していて、大きく4つの問題があります。

  • 新しい町や施設(しせつ)、道路、農場などを作るために自然がこわされ、生き物の住みかがうばわれてしまう。
  • 人の手入れを必要とする森が放置され、あれてしまう。
  • 人がほかの地域でくらす生き物「外来種」を運んできてしまい、もといた生き物を困らせる。
  • 地球温暖化で気温が高くなるなど気候が変わり、生き物がくらしにくくなったり、災害が起きたりする。

では、これらの問題から自然を守るには?
それにはまず自然について「知る」こと。なぜなら何も知らずに自然を守ろうとすると、かえって悪い結果になることもあるから。たとえば、ある地域で少なくなった生き物を増やそうと、ほかの地域からその生き物を持ってくると、それは「外来種」となって自然はかいを招いてしまうのです。

そして環境問題は、森が川を通じて海につながっているように、問題が起きている場所だけでなく、そことつながる場所もいっしょに考えることが大切です。ここでは、自然を代表する森や海の役割と、今起きている問題について考えていこう!

DO TOGETHER

Hondaの環境保全への取り組み

豊かな環境を未来に残すため、
砂浜をきれいにする「ビーチクリーン活動」や
〝水を育む森〟を守る「水源の森保全活動」など、
Hondaは地球環境を守る活動に積極的に取り組んでいます。

  • 「ビーチクリーン」って聞いたことある?

    「ビーチクリーン」とは砂浜をきれいにする活動のこと。 「技術で役に立ちたい」とHondaが開発したビーチクリーナーも活やくします。2006年に始まり、今では300カ所以上で実施(じっし)。 7000人をこえる地域の人たちとHondaが行う活動へと成長しています。

  • 「水源の森」ってどんな森なの?

    きれいな水をつくる森のこと。木がしっかりと根を張って土の流出を防ぎ、土に雨水がたくわえられ、きれいな水となって川に流れ、やがて私たちのもとに届きます。 Hondaは全国6カ所の「水源の森」を地域の人たちと守り、未来を生きるみなさんに引きつぐための活動をしています。

監修:
公益財団法人 日本自然保護協会
一般社団法人 コンサベーション・インターナショナル・ジャパン