MENU
HONDA
検索

その他のニュース一覧へ

Hondaの航空機事業子会社のホンダ エアクラフト カンパニー(本社:⽶国ノースカロライナ州グリーンズボロ市 取締役社⻑:藤野 道格)は、現地時間2020年9月8日に以下を発表しましたので、その内容をご案内いたします。

≫ 2020年9月9日

「HondaJet」をScuderia AlphaTauri Hondaチームが導入・運用開始

・Scuderia AlphaTauri HondaにHondaJetをデリバリー、F1イタリアGPより本格運用開始

・HondaJetにより、連戦が続くチームの移動時間大幅短縮と、ビジネスジェットならではの安全で快適な移動をサポート

・Hondaは、これからも「自由な移動の喜び」を提供していく

Hondaの航空機事業子会社であるホンダ エアクラフト カンパニー(Honda Aircraft Company 以下、HACI)は、最新型の「HondaJet Elite」をレッドブルが所有するFIA※1フォーミュラ・ワン世界選手権(以下、F1)チーム、Scuderia AlphaTauri Honda(スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ)※2にデリバリーしたことを発表しました。

レッドブルは、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダが初優勝を遂げた第8戦F1イタリアグランプリにおいて、チームメンバーの移動にHondaJetを使用し、本格的に運用を開始しました。今後は欧州を拠点として役員、F1ドライバー、他競技の選手の移動やレーシングサーキットの下見など多目的でHondaJet Eliteを使用する予定です。

現在、HondaJetは北米、欧州、中南米、東南アジア、中国、中東、インド、そして日本で販売されており、世界中で155機以上のHondaJetが運用されています。また、航空機の信頼指数であるDispatch Reliability(出発信頼度)※3ではHondaJetは業界スタンダードを上回る信頼性を実現しています。

■ホンダ エアクラフト カンパニー取締役社長 藤野 道格のコメント「レッドブルよりHondaJet Eliteを選んでいただいたことを、大変うれしく思います。HondaJet Eliteを活用することで、より効率的に、そして安全に選手たちが移動できるようになり、ベストコンディションで各レースに臨めるようになることを期待しています」

■レッドブルF1モータースポーツ アドバイザー ヘルムート マルコ氏のコメント「HondaJet EliteをFlying Bullsの新しいメンバーとして迎えることができて嬉しく思います。これは、Hondaとレッドブルの間の強力なパートナーシップの新たな一歩です。HondaJetは、短距離および中距離のルートで特に効率的であるため、とても理想的です。レッドブル・レーシングとスクーデリア・アルファタウリ・ホンダチームの移動に使用します。Hondaとレッドブルは、F1モータースポーツの他、MotoGPでも長年のグローバルパートナーシップを築いています」

Hondaは、2018年からレッドブル・レーシングのスクーデリア・アルファタウリ・ホンダと レッドブル・レーシングの2チームへパワーユニット(PU)を供給し、HondaJetのエンジン技術を応用したことで、2019年のオーストリアGPの勝利など、数々の勝利へと導いてきました。

※1 Fédération Internationale de l‘Automobile(国際自動車連盟)の略称

※2 2019年はScuderia Toro Rossoとして活動

※3 Dispatch Reliability(出発信頼度)とは、運航予定時刻から15分以内に出発した割合のこと。航空業界において、飛行機の信頼性の指数として用いている。

HondaJet Eliteに乗るScuderia AlphaTauri Hondaチーム(左から、チーム代表 フランツ・トスト氏、ダニール・クビアト選手、ピエール・ガスリー選手)

Scuderia AlphaTauri Honda仕様のHondaJet Elite

9月6日開催の第8戦イタリアグランプリ決勝で優勝したピエール・ガスリー選手

Scuderia AlphaTauri Honda F1マシン

9月6日開催の第8戦イタリアグランプリ戦優勝リリースはこちら

その他のニュース一覧へ