MENU
HONDA
検索

ニュースリリース

2020年09月07日

スクーデリア・アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリー選手がF1初優勝

 2020年シーズンのFIA※1フォーミュラ・ワン世界選手権(F1)において、9月6日に開催された第8戦イタリアグランプリの決勝で、Hondaのパワーユニット「RA620H」を搭載したマシンを駆る、Scuderia AlphaTauri Honda(スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ)のピエール・ガスリー選手がF1における初優勝を果たしました。
 この勝利はHondaとして今シーズンの2勝目、通算では77度目のグランプリ制覇となります。

ピエール・ガスリー選手

ピエール・ガスリー選手

  • ※1Fédération Internationale de lʼAutomobile(国際⾃動⾞連盟)の略称

本田技研工業株式会社 代表取締役社長 八郷隆弘のコメント

「初優勝を挙げたピエール・ガスリー選手を心から祝福します。本当におめでとう!
ドラマチックな展開で本当にドキドキが止まらない名勝負でした。

ガスリー選手はどんなときでもあきらめずにチャレンジを続け、昨年のブラジルグランプリでの2位入賞に続き、今回のレースでも見事にチャンスをつかみ取りました。チャレンジング・スピリットはHondaの企業姿勢にも通ずるものですが、この快挙は我々を大きく勇気づけるものとなりました。

前身であるスクーデリア・トロロッソの頃からHondaとともに歩み始め、今大会が50戦目という節目のレースでの優勝となりました。フランツ・トスト代表をはじめとするスクーデリア・アルファタウリのチームメンバーおよび関係者の方々、そしていつも応援して下さるファンの皆さまにHondaを代表して感謝を申し上げるとともに、喜びを分かち合いたいと思います。

2020シーズンはまだ半分を残していますが、Hondaはスクーデリア・アルファタウリとレッドブル・レーシングの両チームと力を合わせてあくなきチャレンジを続けてまいりますので、これからもご声援をよろしくお願いします」

ピエール・ガスリー選手の主な戦績

2013年 欧州フォーミュラ・ルノー2.0シリーズ 年間チャンピオン
2014年 フォーミュラ・ルノー3.5シリーズ 年間2位
2015年 GP2シリーズ※2参戦
2016年 GP2シリーズ 年間チャンピオン
2017年 全日本スーパーフォーミュラ選手権 年間2位
第15戦マレーシアGPでトロロッソよりF1デビュー
2018年 レッドブル・トロロッソ・ホンダよりF1フル参戦
第2戦バーレーンGPで4位入賞
2019年 アストンマーティン・ レッドブル・レーシング※3よりF1に参戦
第13戦ベルギーGPからレッドブル・トロロッソ・ホンダに移籍
第20戦ブラジルGPで2位入賞
2020年 スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ※4よりF1に参戦
第8戦イタリアGPで初優勝
  • ※2F1への登竜門として位置づけられていたカテゴリー。現在のFIA フォーミュラ・ツー選手権(F2)に相当
  • ※3レッドブル・レーシングがHondaパワーユニットを採用して参戦したチーム名
  • ※4前年までのレッドブル・トロロッソ・ホンダより改称

お客様からのお問い合わせは、 「お客様相談センター 0120-112010(いいふれあいを)」へお願い致します。