高速道路を運転するとき
斜め後ろのクルマをお知らせ

ブラインドスポット
インフォメーション

車線変更をする際、斜め後ろにクルマが存在することをお知らせします。

機能説明動画

[サムネイル]機能説明動画

斜め後ろに存在するクルマを検知。その方向のドアミラー鏡面上にマークを表示し、存在をお知らせします。
また、その方向にウインカーを操作すると、マークの点滅と警報音でドライバーに注意を促します。

この機能をもっと詳しく

  • ●Honda SENSINGは、ドライバーの運転支援機能のため、各機能の能力(認識能力・制御能力)には限界があります。各機能の能力を過信せず、つねに周囲の状況に気をつけ、安全運転をお願いします。車両をご使用になる前に必ず取扱説明書をお読みください。各システムは、いずれも道路状況、天候状況、車両状態等によっては、作動しない場合や十分に性能を発揮できない場合があります。
  • ●ブラインドスポットインフォメーションは隣接する車線後方の検知エリア(見えにくい位置)に他の車両がいることを知らせるシステムです。二輪車等が検知範囲に入ったときなど、条件によっては正しく作動しない場合があります。車線変更や合流時には必ず目視やミラーなどで周囲の安全を直接確認して運転してください。

ご使用に際して、
知っておいていただきたいこと

ブラインドスポットインフォメーションを搭載している車種

ブラインドスポット
インフォメーション
を搭載している車種

*1 タイプ別メーカーオプション 
*2 タイプ別設定