MENU

HONDA

検索
野菜を元気に育てるコツ プランニング編 野菜づくりの基本作業を、プランニング編と実践編にわけて解説します。

一覧へ戻る

適期を守ろう

タネまきや苗の植えつけに適した時期がある

野菜にはそれぞれ、タネまきや植えつけに適した時期があります。時期を間違えると、生育が悪くなったり、収穫量が減ったり、病気や害虫の被害を受けたりします。地域ごとに作付けの時期は違うので、初心者は地域の植えつけ時期を守ることがポイントとなります。

タネまきや苗の植えつけに適した時期がある

土づくりの期間も考慮しよう!

タネや苗を手に入れたからすぐに作付けできるとは限りません。土の酸度を調整する石灰分や元肥の投入は、作付けの2〜3週間前にすませておかなければなりません。事前に土になじませておく時間が必要だからです。作付けプランを立てる際には、土づくりの期間も考慮に入れておきましょう。

>土のつくりかたはこちら
土づくりの期間も考慮しよう!

人気野菜の栽培スケジュール

*作業や管理は、関東地方以西平野部を基準にしています。

「科を意識しよう」へ
ページのトップへ

プランニング編 菜園計画を立てよう  育てる野菜の特徴を知ろう  適期を守ろう  科を意識しよう 
おすすめプラン 10m2菜園プラン  20m2菜園プラン 
実践編 タネのまきかた  苗の植えかた  被覆資材の種類と張りかた 
  支柱の立てかた  病気や害虫に侵されない育てかた  暑さ、寒さへの備えかた 
耕うん機トップへ