レッスン動画

上達のメソッドをプロが動画で解説三觜喜一プロがアマチュアの弱点を克服

ゴルフスイングの本質はいかに道具であるクラブを上手く扱うかですが、正しい知識がないとできませんし、知っていても難しい動作があります。今回は、三觜喜一プロが実際にアマチュアを教えながらゴルフスイングの核心に迫ります!

2019.02.28

スライスを修正する

このレッスンのポイントこのレッスンのポイント

  • ポイントアドレスで右ヒジを曲げておこう
    ヒジの高さを揃えてターゲットラインと平行にします
  • スライスに悩むアマチュアゴルファーは少なくありませんが、アドレスの段階で球がつかまらない要素を含んでいる場合が多く見受けられます。肩のラインが左を向いているのはその要素のひとつですが、これは両腕を伸ばして構えようとすると発生します。クラブは右手が下になるように握るので、両腕を伸ばすと右肩が前に出て腕のラインと肩のラインが左を向くのです。ですからあらかじめ右ヒジを曲げることで、ターゲットラインに対して腕と肩のラインを平行にセットすることが必要となります。

  • このように構えれば右腕は最初から外旋したポジションにあるので、ダウンスイングで右腕が外旋してクラブフェースが開くことが防げると共に、フェースターンを行いやすくなるので球がつかまるようになります。

PROFILE

  • 三觜 喜一(みつはし よしかず)プロ

    ジュニアゴルファーの指導で評価が高く、最近では手塩にかけて育てたジュニア出身の選手がプロゴルファーとして活躍し始めている。アマチュアゴルファーの指導も新宿御苑のタイカンズ他で行っているが、予約が取れないほどの人気ぶり。
レッスン動画一覧へ