レッスン動画

上達のメソッドをプロが動画で解説三觜喜一プロがアマチュアの弱点を克服

ゴルフスイングの本質はいかに道具であるクラブを上手く扱うかですが、正しい知識がないとできませんし、知っていても難しい動作があります。今回は、三觜喜一プロが実際にアマチュアを教えながらゴルフスイングの核心に迫ります!

2019.02.14

遠心力が使えるボールとの距離

このレッスンのポイントこのレッスンのポイント

  • ポイントボールとの距離が近いと球がつかまらない
    ボールとの距離が近いとスライスします
  • ドライバーで球がつかまらない、という悩みは非常に多いですが、これはインパクトでフェースが開いているからであり、その主な原因は体が起き上がっていることにあります。ではなぜ体が起き上がってしまうのかというと、ボールとの距離が近すぎるため、起き上がらないとミートできないというケースがよく見かけられます。アマチュアはアドレスでボールに近づきたがる傾向がありますが、体とボールに適正な距離がないと、遠心力が発生したときにクラブヘッドがボールの先を通ってしまいます。それをアジャストするためには、起き上がったり減速しなければなりません。つまりクラブを加速させることができないということであり、飛距離が出ないのはもちろん、フェースが開いて右に飛ぶということも起こりやすいのです。

  • ですからドライバーではボールと十分な距離をとることが必要で、「離れすぎている」と感じるくらいが、案外ちょうどいいものです。適正な距離をとったら力ずくでクラブを振り回すのではなく、遠心力が発生するように振ってください。これだけでも球がつかまり始めることが多いので、スイングをいじる前にアドレスをチェックすることをおすすめします。

PROFILE

  • 三觜 喜一(みつはし よしかず)プロ

    ジュニアゴルファーの指導で評価が高く、最近では手塩にかけて育てたジュニア出身の選手がプロゴルファーとして活躍し始めている。アマチュアゴルファーの指導も新宿御苑のタイカンズ他で行っているが、予約が取れないほどの人気ぶり。
レッスン動画一覧へ