レッスン動画

上達のメソッドをプロが動画で解説三觜喜一プロがアマチュアの弱点を克服

ゴルフスイングの本質はいかに道具であるクラブを上手く扱うかですが、正しい知識がないとできませんし、知っていても難しい動作があります。今回は、三觜喜一プロが実際にアマチュアを教えながらゴルフスイングの核心に迫ります!

2019.01.31

当てにいく動作が諸悪の根源

このレッスンのポイントこのレッスンのポイント

  • ポイントクラブを放り投げるように打とう
    左手で、クラブを放り投げるイメージです
  • ゴルフスイングで一番やってはいけないのが「ボールに当てにいく」ことです。これをやってしまうとクラブは減速してしまいますし、リリースするときの支点が右に残ってすくい打ちを招きます。

  • とはいえアマチュアゴルファーの多くが当てにいってしまうのが現実です。これはターゲット方向にエネルギーを出すという意識が欠けているからです。地面にエネルギーを出すことは理解していても、ターゲット方向への意識がないとクラブを加速しながら振り抜くことはできないのです。

  • そこでおすすめしたいのが、ターゲットに向かってクラブを放り投げるというイメージです。このイメージを持って振るとバックスイングがコンパクトになりますし、体重移動しながら左軸を作ってクラブを振り抜けるようになります。

PROFILE

  • 三觜 喜一(みつはし よしかず)プロ

    ジュニアゴルファーの指導で評価が高く、最近では手塩にかけて育てたジュニア出身の選手がプロゴルファーとして活躍し始めている。アマチュアゴルファーの指導も新宿御苑のタイカンズ他で行っているが、予約が取れないほどの人気ぶり。
レッスン動画一覧へ