レッスン動画

上達のメソッドをプロが動画で解説三觜喜一プロがアマチュアの弱点を克服

ゴルフスイングの本質はいかに道具であるクラブを上手く扱うかですが、正しい知識がないとできませんし、知っていても難しい動作があります。今回は、三觜喜一プロが実際にアマチュアを教えながらゴルフスイングの核心に迫ります!

2019.01.17

エネルギーを下に出すために

このレッスンのポイントこのレッスンのポイント

  • ポイントテークバックでは「側屈」動作を行っている
    左わき腹が縮み右わき腹が伸びる
  • プロがどういう感覚でボールを打っているかというと、地面に対してエネルギーを出すようにスイングしています。ところがアマチュアの多くはターゲットに対してエネルギーを出そうとしてしまい、そのためにボールとのコンタクトが上手くいかず、強い弾道を打つこともできないのです。

  • それ以外にも、アマチュアが地面に対してエネルギーを出せない物理的な理由があります。それはスイングの始動における肩の横回転です。いきなり左肩が横に回ってしまうので、ダウンスイングで肩を縦に動かすことができないのです。ですから地面にエネルギーが出しにくいという場合は、テークバックで肩を縦回転させてください。左肩を下げるイメージです。そうすることでダウンスイングで肩が縦に動き、ボールをダウンブローにとらえることができるのです。

  • このとき左の脇腹が縮んで右の脇腹が伸びますが、これがいわゆる「側屈」であり、ゴルフスイングには不可欠な動作です。肩を縦に使うと「ギッタンバッコン」のような動きに感じるかもしれませんが、それこそがプロが行う体幹の動きです。

PROFILE

  • 三觜 喜一(みつはし よしかず)プロ

    ジュニアゴルファーの指導で評価が高く、最近では手塩にかけて育てたジュニア出身の選手がプロゴルファーとして活躍し始めている。アマチュアゴルファーの指導も新宿御苑のタイカンズ他で行っているが、予約が取れないほどの人気ぶり。
レッスン動画一覧へ