レッスン動画

上達のメソッドをプロが動画で解説三觜喜一プロがアマチュアの弱点を克服

ゴルフスイングの本質はいかに道具であるクラブを上手く扱うかですが、正しい知識がないとできませんし、知っていても難しい動作があります。今回は、三觜喜一プロが実際にアマチュアを教えながらゴルフスイングの核心に迫ります!

2018.12.13

アーリーリリースの改善

このレッスンのポイントこのレッスンのポイント

  • ポイント回転軸が右に残ると
    リリースの支点も右に残ってしまう
    回転軸が右に残るとダフります
  • ダウンスイングの初期に手首の角度がほどけることをアーリーリリースといいますが、アマチュアのほとんどにこの現象が見られ、それがダフリの主な原因となっています。では、手首の角度をキープしたまま下ろしてくればいいのかというとそうでもなく、現実問題として手首の角度は意志に反してほどけてしまうものです。

  • なぜ角度がほどけてしまうのかというと、スイングの回転軸が右側にあるからです。本来はダウンスイングで左の股関節に体重が乗り、その上で軸回転するのが正しい動きなのですが、アマチュアは軸が右に残ったまま回転しがちです。そうするとクラブをリリースする動作を行う支点もボールの右に残るので、フェースターンを意識したとしても早めにリリースする以外に選択肢がなくなり、いわゆる「すくい打ち」になってしまうのです。

  • ですから、しっかりと左軸で回転できるようになれば問題は解決します。動画ではそのために有効なドリルを紹介しているので正しい動きを覚えてください。

PROFILE

  • 三觜 喜一(みつはし よしかず)プロ

    ジュニアゴルファーの指導で評価が高く、最近では手塩にかけて育てたジュニア出身の選手がプロゴルファーとして活躍し始めている。アマチュアゴルファーの指導も新宿御苑のタイカンズ他で行っているが、予約が取れないほどの人気ぶり。
レッスン動画一覧へ