安全

ビジネスシーンの運転こそ、
もっと安心・安全に

先進の安全運転支援システム「Honda SENSING」で、大切な従業員の皆様の安全運転を支援し、運転負荷を軽減します。

ぶつからないために

衝突軽減ブレーキ 〈CMBS〉

車両や歩行者、自転車を検知し、衝突の危険がある場合に音とマルチインフォメーション・ディスプレーの表示で警告します。緊急時には、強いブレーキをかけて、停止または減速することにより衝突回避・被害軽減を支援します。
CMBS=Collision Mitigation Brake System​

はみ出さないために

路外逸脱抑制機能

システムが車線(実線、破線)を検知し、​ディスプレー表示とステアリング振動の警告で注意を促すとともに、​車線内へ戻るようにステアリング操作を支援します。

飛び出さないために

誤発進抑制機能※1

前方に障害物があるにも関わらずアクセルペダルを踏み込んだ際、パワーシステム出力を抑制して急発進を音とマルチインォメーション・ディスプレーの表示で警告します。​​

発進をお知らせ

先行車発進お知らせ機能​

停車時にシステムが先行車の発進を検知。​ドライバーがアクセルを踏まなかった場合、音とディスプレー表示で先行車の発進をお知らせします。​

雨・雪の日や、急ハンドル時に
起こる横すべりへの備えを​​

ブレーキ時の車輪ロックを防ぐEBD付ABS、加速時などの車輪空転を抑えるTCS、旋回時の横すべり抑制。これら3つの機能を制御し、クルマの姿勢の安定化を図るVSAを全タイプに標準装備としています。​

VSA=Vehicle Stability Assist(車両挙動安定化制御システム)​
EBD:電子制御制動力配分システム​
ABS:4輪アンチロックブレーキシステム
​ TCS:トラクションコントロールシステム​
VSA (ABS + TCS + 横すべり抑制)

坂道での渋滞時などにも
安心して発進できる​

ヒルスタートアシスト機能​

坂道発進時、ペダルを踏み替える瞬間のクルマの後退を約1秒間抑制。坂道での渋滞時などで効果を発揮します。​

衝突安全設計ボディー​

衝突時の衝撃(G)を制御するHonda独自の安全技術「G-CON」。軽量かつ高強度な素材を各所に配置することで衝突安全性能に貢献しています。助手席ドアとスライドドアには、センターピラーの機能を内蔵したドアインピラー構造を採用。ドアクローズ時はピラー構造と同等の衝突安全性能を確保しています。

運転席用&助手席用i-SRS
エアバッグシステム​

さまざまな体格の方や衝突状況に対応し、乗員保護性能の向上とエアバッグによる衝撃力の低減を両立するために。運転席と助手席用には、Honda独自の技術を採用した「内圧保持タイプ」のエアバッグを標準装備としています。​

■写真は機能説明のため、エアバッグが展開した状態を合成したものです。

N-VANはサポカーS〈ワイド〉に該当しています​​

セーフティ・サポートカー(略称:サポカー)は、政府が交通事故防止対策の一環として普及啓発しているものです。自動(衝突軽減)ブレーキなどの安全運転を支援する装置などを搭載し、ドライバーの安全運転を支援します。該当タイプや詳細についてはこちらをご確認ください。​

■該当タイプ:全タイプ

■安全運転を支援する装置は、あくまで運転を支援する機能です。各機能の能力を過信せず、つねに周囲の状況に気をつけ、安全運転をお願いします。

2018年度 予防安全性能評価※2で​最高ランクの「ASV+++」を獲得※3。​

N-VANは夜間の歩行者認識性能を向上した衝突軽減ブレーキ(CMBS)などの安全運転支援システムを搭載することで、2018年度の予防安全性能評価において、最高ランクの「ASV+++」を獲得しました。

■ 試験車両:+STYLE FUN・Honda SENSING、L・Honda SENSING​

* ともに2018年7月発売モデル。

※2 2018年度自動車アセスメント:国土交通省と独立行政法人 自動車事故対策機構による、自動車の安全性能の試験・評価​

※3 ナビ装着用スペシャルパッケージとディーラーオプションナビを装着した車両が対象車両となります。​

「安全」に関する取り組みについては
こちらをご覧ください。