MENU
HONDA
検索
 

ロックアップ機構(2)


 ロックアップ機構の作動を行う油圧アクチュエーターのコントロールは電子制御で行われます。エンジン回転数、出力回転数、斜板角度などからTOPレシオになったことを判断し、ソレノイドバルブに外部オイルポンプからの油圧を流し、偏芯リングの位置を切り替えます。




前ページへ前ページへ前ページへ目次へ次のページへ次のページへ次のページへ