スタイリング


 『フォルツァ X』『フォルツァ Z』『フォルツァ Z ABS』は、「快適Packaging」を具現化した流線型の機能美あふれるスポーティーでスタイリッシュなスタイリングが、好評を得てきました。特に初代『フォルツァ』から採用している大型二灯ヘッドライトは、『フォルツァ』シリーズのスポーティーさを象徴するデザインとして受け継がれました。
 今回は、『フォルツァ』シリーズのDNAは継承しながら、よりスポーティーでスタイリッシュなデザインに進化させるため、フロントマスクとテールランプ周りを変更しています。
 フロントマスク周りはメーターバイザーとガーニッシュ、ヘッドライトのデザインを変更し、カウルの面積を減少させることにより、スリム感やシャープ感を表現しています。さらに、ヘッドライト内部の反射板には新たにブラッククリア塗装を施し、奥行き感を表現するなど、細部にわたりスポーティーなイメージを追求しています。
 テールライト周りは、テールランプを初代『フォルツァ』で採用していた丸型デザインのタイプに変更するとともに、片側に9個(左右合わせて18個)のLEDランプやクリアレンズを採用することにより、スポーティーかつ、テールランプの存在感を強調するデザインとしています。
 また、『フォルツァ』専用のHonda純正オーディオシステム“ギャザズM”の装着が可能なスピーカーグリルを標準で装備することで、オーディオシステムの容易な装着を可能としています。





前ページへ前ページへ前ページへ目次へ次のページへ次のページへ次のページへ