CBR1100XXファクトブックのトップページへ
CBR1100XXファクトブックロゴ
 

スタイリングコンセプト


 高い空力性能を獲得するために、贅肉をそぎ落とすだけでなく空気を切り裂くような先進の空力デザインを追求。数多くの風洞実験を重ね、最適なスタイリングを決定しました。
 流麗なエアロダイナミクス・フォルムには、小型の弾丸型フロントカウルを新開発。独創的なデザインの“ピギーバック”ヘッドライトの採用や全面投影面積を縮小化するカウルの形状など、空気抵抗を極限レベルにまで抑え込みました。加えてウインドスクリーン後端を30mm高くすることで、ウィンドプロテクション効果を向上。高速走行時の風圧からライダーと同乗者を保護するとともに軽やかなハンドリングを提供し、走行性と快適性を高次元でバランスさせる優れた空力特性をもつスタイリングを完成させました。
 またウインドスクリーンには、見る角度により色調が変化するマルチグラデーションを採用しています。


前ページへ前ページへ前ページへ目次へ次のページへ次のページへ次のページへ