MENU

HONDA

検索
 

シャーシー(2)


■フレーム
 高剛性のアルミ鋳造製ツインチューブフレームは部品構成点数を9点から4点に削減し、メインパイプ部の全幅を30mmスリム化*したコンパクトかつシンプルな構造としています。適度なしなやかさを保ちながらも、側面の剛性で13%、ひねり剛性を40%、さらに垂直剛性も30%向上させることで、コーナー出口を見るだけで呼応するかのような、俊敏なハンドリングを実現できました。


■スイングアーム
 スイングアームにはクロスメンバー部分をアルミ鋳造、右側アームをガルアームタイプのアルミプレス成型、左側アームをアルミ押出し成型とアルミプレス成形によって構成したハイブリッド構造を採用しました。軽快なハンドリングと高い旋回性能を実現するため、ホイールベースを5mm延長する一方、スイングアームは全長を12mm伸ばしたうえで、ピボットポイントを僅かに上方へ移動させ、スイングアームの垂れ角を9.5度から9.67度に増加させました。これにより、路面の変化をよりダイレクトに感じることのできる接地感や走行状態での安心感の向上を果たしました。


■フューエルタンク
 下方にせり出した形状の内装式フューエルタンクによりマスの集中と低重心化を図りました。また外側のフューエルタンクシェルターは内側に絞り込む形状とし、ニーグリップしやすく高いホールド性を確保しました。

* 全て2007年モデル比



前ページへ前ページへ前ページへ目次へ次のページへ次のページへ次のページへ