MENU

HONDA

検索
 

はじめに


 1992年に欧州・米州で発表以来、高い運動性能と乗り易さを両立する“スーパースポーツ”として欧米ユーザーを中心に絶大なる支持を獲得してきたCBR900RR(欧州名:FireBlade)。このCBR900RRシリーズは、750ccを超えるスーパースポーツカテゴリーにおいて、常にライバル車の指標となるモデルとして進化を続けてきました。
 そして2004年にはHondaのMotoGPマシン“RC211V”からHESDやユニットプロリンクサスペンションなど数々の先進技術を継承し、従来のストリートでの快適性に加え、高いレースポテンシャルをもつ“CBR1000RR”へと進化しました。“走る、曲がる、止まる”のすべてに最強・最速を追求するRC211V同様、その圧倒的なトータルパフォーマンスはレースベースマシンとしても数々の輝かしい戦績を残してきました。
 CBR1000RRは、MFJ全日本ロードレース選手権のJSB1000クラスにおいて、デビュー初年の2004年から2年連続で、シリーズタイトルを獲得。鈴鹿8時間耐久ロードレースにおいてもCBR1000RRをベースとした(株)ホンダ・レーシング(HRC)のスーパーバイクワークスマシンCBR1000RRWが、デビュー初年から2年連続で勝利し、RVF/RC45、VTR1000SPWから続く、前人未踏のHonda9連覇を達成しました。また、イギリススーパーバイク選手権では、CBR1000RRにHRCのキットを装着したCBR1000RRKがシーズン最多優勝を飾るなど、世界のレースシーンで、活躍しているのです。
 New CBR1000RRは、この従来モデルに対して細部にいたるまで徹底した見直しを図り、完成車として4kgの軽量化を達成。さらなる軽快な操縦性を実現するとともに、その他各部のリファインにより、レースでの戦闘力と市街地での走りのパフォーマンスを、より一層高めています。

※写真は撮影のため一部部品を取り外しています。


目次へ次のページへ次のページへ次のページへ