MENU

HONDA

検索
 

フレーム(4)


ホイール&タイヤ

 ホイールは、従来モデルの中空3本スポーク構造を継承しつつ、スポークのデザインをはじめ、細部まで見直し、新たに設計することで軽量化を実現しました。タイヤは、CBR1000RRの設計と並行してブリヂストン及び、ピレリに開発を委託。また環境に配慮し、ホイールバランスウェイトを鉛製から亜鉛製に変更しています。

 
     
フロントブレーキシステム

 フロントブレーキシステムには、新たにトキコのラジアルマウントキャリパーを採用しました。キャリパーは、フロントアクスルからまっすぐ突き出しているように見える塔状のマウントを特徴としています。また、キャリパー本体は、剛性を高めるため、3本のボルトが横方向からキャリパーを固定しており、パッド面全体に均等に圧力を配分し、制動性能を強化します。これにより、ブレーキレバーの操作感を向上し、効率の高いブレーキングを実現しました。
 キャリパーのピストンは、ニッケルにクロームメッキを施し、レスポンスの良い操作性と強い耐食性を確保しています。これにより、ディスクの直径を従来モデルの330mmから310mmに小型化が可能となり、軽量化を実現しました。
 また、フロントブレーキマスターは、新設計のバーチカルピストンマスターシリンダーを採用。これにより、ブレーキング効率を高め、全体のコントロール性を向上しました。

 

 
   
 


前ページへ前ページへ前ページへ目次へ次のページへ次のページへ次のページへ