エンジン(1)


 エンジンは、軽量でコンパクトな水冷4ストロークDOHC直列4気筒エンジンを新たに設計いたしました。エンジンの幅を最小限に抑えるため、ボアとシリンダーピッチはそのままに、ストロークを従来モデルの54mmから56.5mmへ延ばすことで、総排気量を998cm3とし、高い出力特性を実現しています。さらに、エンジンで主要となるクランクシャフト、メインシャフト、カウンターシャフトという3軸を、新たに三角形にレイアウト。これにより、CBR954RRと比べてクランクシャフトとリア・スイングアームピボットの距離を21.5mm短縮し、スイングアームの全長を34mm長くすることで、高い出力でのサスペンション動作を、より滑らかなものとしています。
 スターターギアは、位置を右側に移すことで、CBR954RRと比べてエンジン幅を17mm短縮し、最大バンク角も2度深めました。


 

 


前ページへ前ページへ前ページへ目次へ次のページへ次のページへ次のページへ