MENU

HONDA

検索

 

開発コンセプト


 CBR1000RRは、市街地やワインディングでの乗り易さに加え、レースでの戦闘力向上を目指して開発しました。開発コンセプトは、「Racing DNAのきらめく結晶」とし、MotoGPマシンRC211Vの開発に対する思想を継承。フレーム形態やリアサスペンション構造、さらにエレクトロニック・ステアリング・ダンパー(HESD)などの先進技術を採用しています。これにより、RC211Vが追求したマスの集中をCBR1000RRでも実現し、サーキットでの高いポテンシャルをもちながら、ライダーの技術や経験に応じた幅広いライディングを可能としました。





前ページへ前ページへ前ページへ目次へ次のページへ次のページへ次のページへ