MENU
HONDA
検索
 

パワーユニット(4)


●フューエルインジェクション

 燃料供給システムは、従来のキャブレター仕様から先進のデジタル制御PGM-FIへと進化させました。制御部には32bit RISCプロセッサーを採用。3次元プログラムマップにより、低・中速域のパワーデリバリーに重点をおいた設定としています。この高性能ECUが、エンジン回転数/車速/水温/吸入負圧/スロットル開度などのデータを高速演算。つねに適切な燃料噴射量とタイミングをコントロールし、各ギアごとに微妙に異なるエンジン特性をフラットに制御。どのギアからでも違和感のない加速を実現し燃焼効率の最適化を図ります。
 スロットルボディーはメインボアφ36mm。インジェクターはCB1300専用となる12ホールタイプを採用。低・中速域での優れたトルク特性をもたらし、俊敏なスロットルレスポンスを発揮します。また薄型スロットルセンサーの採用で、従来のキャブレターよりも全幅はコンパクトになっています。


↑クリックすると拡大表示します。

●エアインジェクションシステム

 新型CB1300 Super Fourは、エミッション低減に効果的なビルトイン式のエアインジェクションシステムを搭載しています。これは各シリンダーの排気ポートに適量のフレッシュエアを送り込むことで、ポート内の不完全燃焼物質を再燃焼させるシステム。今回はエア通路の見直しを図りつつ、フューエルインジェクションとの組み合わせにより、走りのポテンシャルをスポイルすることなく、CO、HC、NOxの排出量を大幅に低減。国内排出ガス規制値を大きくクリアする性能を獲得しています。




前ページへ前ページへ前ページへ目次へ次のページへ次のページへ次のページへ