MENU

HONDA

検索
 

シャシー(2)


●パッセンジャーシートの快適性の向上
 New VFRでは、テールまわりの変更に伴い、定評のパッセンジャーシートもさらに快適性を追求しました。シートおよびシートレールは、デュアルセンターアップマフラーを装備するスペースを確保するために、剛性の高い幅広角パイプをメインとしたモノバックボーンタイプで構成。また、リアステップの位置が10mm下げられ、より幅広い層のライダーに快適なポジションを提供することが可能となりました。シートの後部座席部分自体も改良され、パッドが15mm厚くなったことによって座り心地が良くなり快適性が持続するとともに、リアグリップも外側に10mm広げ、つかみ易いよう設計しています。グリップはこれまで同様耐候性に優れた二層構造のナイロン樹脂を採用しています。

パッセンジャーシート(横)
(輸出仕様車)

パッセンジャーシート(上)
(輸出仕様車)

ライディングポジション比較

パッセンジャーイメージ
(輸出仕様車)


前ページへ前ページへ前ページへ目次へ次のページへ次のページへ次のページへ