MENU

HONDA

検索
RACOON COMPO
RACOON COMPO
 
電動ペダルアシストシステム

電動ペダルアシストシステムの採用
 ラクーンCOMPOには、ペダルを踏む力が一般の自転車の約半分で走行できる 電動ペダルアシストシステムを塔載しています。
 このシステムは、ペダルを踏むとモーターが力を発揮し、踏む力とモーターの アシストが1:1未満になるよう常にコントロールします。通常走行では踏む力が 一般の自転車の約半分ですむように最適にアシストします。
 また、18インチの小径ホイールを採用したラクーンCOMPOでは、ペダル1回転で 前進する距離を、26インチホイール車なみの約6m(*)となるようにギア比を 設定しています。

アシスト出力
アシスト出力

 さらに、自然な走行感覚を得るため、時速15km(*)を超えるとアシスト力は 減りはじめ、時速23km(*)でゼロになるように設定。人間の感覚になじむ自然な アシストで、快適な走行を実現しました。((*)変速機“速”の場合)

ペダルアシスト作動原理
ペダルアシスト作動原理

1回の充電で16kmの走行距離を実現
 ラクーンCOMPOは、都市型コミューターとして、またアウトドアライフの道具として、 完成車重量と走行距離のバランスを考慮し24V3Ahのバッテリーを採用しています。 この結果、19.8kgの車両重量としながらも、16kmの走行距離を実現し、 それぞれの使用目的において充分対応できる性能を実現しました。
 また、走行距離は路面状況や走行条件によって変動するため、仮にバッテリーを 使い切った後でも、車両重量が軽いため、通常の自転車としても充分走行が可能です。

ラクーン走行距離目安(充電1回)
ラクーン走行距離目安(充電1回)

軽量・コンパクトな専用バッテリー
 バッテリーは、外気温度による性能変化が少なく、連続して大電流を取り出せる ニッカド電池を20本直列で採用しています。この電池をメインヒューズや充電 コネクター、放電コネクター、残量計、温度センサーとともに、コンパクトな バッテリーケースに収納し、折りたたみ式フレームのリアフレーム内に格納しています。
 着脱は、車体を折りたたんでカバーを開けて行うものとし、カバーには盗難防止の ロック機構を装備しています。

バッテリー

バッテリー

家庭用コンセントからスピーディーな充電
 バッテリーは、専用の充電器(別売)を使用して家庭用AC100Vコンセントから充電可能。 充電時間は空の状態からフル充電まで約2時間で完了し、1回の充電で約5円以下の コストに抑えています。また、フル充電されると充電器が自動的に停止し過充電を 防止します。

バッテリー

便利なバッテリー残量お知らせランプ
 バッテリーの残量を正確に確認できる便利なバッテリー残量お知らせランプを バッテリー本体に装備しています。充電や放電の電流を積算しバッテリー残量を 5つのLEDで6段階表示します。ボタン操作で約4秒間点灯し、車載状態でも充電中でも 確認可能です。

バッテリー残量お知らせランプ

バッテリー残量お知らせランプ

リフレッシュ操作が不要
 一般的に、ニッカドバッテリーは電力を使い切る前に充電を繰り返すと、 バッテリーの電圧が下がる現象(メモリー効果)が起きることがあります。 ラクーンCOMPOではメモリー効果によるトラブルを防ぐために以下の対策を施しました。

  1. 使った分だけを充電するバッテリーに優しい充電器の採用
  2. メモリー効果による電圧低下が極めて少ないバッテリーの採用
  3. 電圧の低下が発生しても、コンピュータ制御によって走行可能距離やアシスト力を確保

リフレッシュ操作が不要

バッテリーのリサイクル
 ホンダでは資源の有効活用・不法投棄防止のため、当初よりラクーンの使用済み バッテリーのリサイクルルートを確立し、管理運用を推進しています。 使用済みバッテリーは、販売店を経由してディストリビューター(二輪車卸会社)から ニッカドリサイクルメーカーに回収されるシステムとなっています。

バッテリー回収ルート
バッテリー回収ルート



← 前ページへ--- 目次へ--- 次のページへ →