MENU
HONDA
検索
CB1300
CB1300 SUPER FOUR
 

パワーユニット(太い走りの感動/余裕の感動)



 パワーユニットは、'97年にデビューしたX4に搭載し、好評の水冷・4サイクル・直列4気筒・DOHC・1,284・をベースに、〔PROJECT BIG-1〕のコンセプトである「太い走りの感動」を具現化すべく、各部のセッティングを変更しました。
 出力特性の味付けにおいては、X4で実現した極太トルクに加え、直列4気筒ならではの「伸び感のあるパワーフィール」および、大排気量ならではの「低回転域でのゴリゴリと小気味良い加速感」を実現することを目標に開発を進めました。
 具体的には、最大出力発生回転数をX4の6,500rpmから7,500rpmに約1,000rpm引き上げ、高回転化を図るとともに、トルクを意図的に落とし(図A部)、トルクの立ち上がりを際立たせることで、直列4気筒エンジンらしい伸び感のある出力特性を実現しました。

パワーユニット   出力特性比較

出力特性比較

さらに、下記の3項目をポイントに開発を行いました。

1.

バルブタイミングのインレットクローズタイミングを5゜遅角化することによって、高回転域での充填効率を向上

2.

変更したバルブタイミングとのマッチングを図るため、 吸入管長を約50mm短縮

3.

A部のトルク特性の変更にともなって、エキゾーストパイプ長を約185mm短縮
 
バルブタイミング比較

バルブタイミング比較



← 前ページへ --- 目次へ --- 次のページへ →