MENU
HONDA
検索
LIFE FACT BOOK
LIFE 2003.9.4
Utility   ユーティリティ
使う人の立場で隅々にまで心を尽くしたユーティリティ。
使う人の動線と利便性を考慮した、助手席チップアップスライド機構。(Fタイプ)
助手席のチップアップスライド機構を使えば、前後/サイドウォークスルーなど、使い勝手が大きく広がります。2アクションの簡単操作で、スピーディなチップアップ、スライドが可能です。これは車外に出ることなく、リアシートのチャイルドシートに座らせた子供の世話ができることなどを考えて設定しました。プラットフォームを新開発したことにより、可能になったシートアレンジです。またその他、Dタイプのベンチシート、Cタイプのセパレートシートとグレードごとにシートタイプを用意しています。
前後ウォークスルー サイドウォークスルー
チップアップして前方にスライドさせれば、前後の移動もラクにできます。 チップアップして後方にスライドさせれば、助手席側からの乗り降りもスムーズです。
チップアップして、前方にスライドさせれば、背の高い荷物も積める室内高1,285mmの空間が出現します。 チップアップして、前方にスライドし、リアシートをダイブダウンさせれば、26インチのマウンテンバイクも積めます。
マウンテンバイクの形状により収納できない場合があります。
簡単、多彩なシートアレンジ。
簡単操作でさまざまなシーンに使いやすさを提供する多彩なシートアレンジを実現しました。
Utility mode ユーティリティ・モード
5:5分割可倒式リアシートを両側ダイブダウンさせれば、足元にすっぽり収まって、フラットで広大な荷室が出現。 ユーティリティ・モード
Long mode ロング・モード
助手席の背もたれを後方に倒せば、長さ2,000mmを超える空間が出現します。 ロング・モード
Separate mode セパレート・モード
5:5分割可倒式リアシートを片側ダイブダウンさせれば、3人乗ってさらに大きな荷物も積めます。 セパレート・モード
Refresh mode リフレッシュ・モード
フロントシートのヘッドレストを外して、背もたれを後方に倒せば、フラットな空間に。リアシートはリクライニング機構付。 リフレッシュ・モード
Photo:Fタイプ(FF)カットボディによる撮影
用途に合わせた、多彩な収納スペース。
容量だけでなく、使い勝手の向上も図りました。普段車内に置いているもの、持ち込むものなどを考慮し、使いやすい収納ポケットを設計しました。
グローブボックス(ペンホルダー付) 運転席アッパーボックス フロントカップホルダー
グローブボックス(ペンホルダー付) 運転席アッパーボックス フロントカップホルダー
フロントアンダーポケット フロント/リアドアポケット シートバックポケット(D、Fタイプ)
フロントアンダーポケット フロント/リアドアポケット シートバックポケット(D、Fタイプ)
助手席アンダーボックス(Fタイプ) リア床下工具ボックス コンビニフック(D、Fタイプ)
助手席アンダーボックス(Fタイプ) リア床下工具ボックス コンビニフック(D、Fタイプ)
ドライバーズポケット(左/右) チケットホルダー チケット&カードホルダー
ドライバーズポケット(左/右) チケットホルダー チケット&カードホルダー
2段式インパネトレイ トレイを閉めた状態 2段式インパネトレイ トレイを開けた状
2段式インパネトレイ
トレイを閉めた状態
2段式インパネトレイ
トレイを開けた状態
乗り降りも積み降ろしも容易にする、
3段階開閉ドア(フロント/リア)。
さまざまな使用状況を考慮し、フロント/リアドアともに3段階のホールド位置を採用しました。リアドアからは、大きな荷物を積むことが多いため、ドア開度を79°と大きく設定、チャイルドシートなどの出し入れもラクに行えます。
■数値はすべてHonda測定値
■小物類は撮影のために用意したものです。




前ページ前ページ前ページ目次次ページ次ページ次ページ