MENU

HONDA

検索
FACT BOOK
CR-V
CR-V 2006.10.12
開発にあたって
CR-V
1995年の誕生以来、CR-Vは
それまでのヘビーデューティなクロスカントリータイプとは一線を画す
都市での快適性とオフロードでの頼もしい機動性が世界中の多くの方に受け入れられ、
国内では新たなカテゴリーを築く一方、グローバルモデルとして大きく成長しています。

「いつでも、どこでも、気軽に、気持ちよく」をコンセプトに、
つねに新しい「Comfortable(快適に) Runabout(自由に走り回る) Vehicle(乗り物)」を目指す。
この本質追求は、いつの時代でも変わることはありません。

そしていま、CR-Vは飛躍的な進化を遂げました。
乗る人がもっと豊かに思いのままに使う歓びを拡げていける、
次世代CR-Vの解答です。
いつの時代でも、「CR-V」であり続けるために。
セダンの快適性、クロカンの機動性、ミニバンのユーティリティという
3つの資質を高次元で融合して誕生したCR-Vは、クルマの新しい流れを生み出しました。

モノに対する価値基準が自分らしさや心の満足へと変化してきた現在、
私たちは、これからの時代もCR-Vが「CR-V」であるためには、
都市にもレジャーにもといった移動の幅を拡げるだけでなく、
フォーマルでもカジュアルでも、パーソナルでも仲間同士でもといった
さまざまなライフシーンで積極的に使いこなせるクルマでありたいと考え、
機能、性能、デザインがもたらす気持ちの豊かさをも徹底的に突き詰めた
“次世代CR-V”の創造を目指しました。

自分らしさを表現できるスタイリング、走りの爽快感、空間の上質感など、
どんな時にも、どんな用途にも使いたくなる要素を新たに融合することで、
乗る人の心までも満たす、このCR-V。
思いのままに使いこなせ、ライフスタイルを自由に大きく拡げる、
これぞ真の「Comfortable Runabout」と呼べる新たな価値を創造できたと確信しています。
開発責任者 堀越 満
堀越 満 堀越 満 (ほりこし みつる)
(株)本田技術研究所 主任研究員

1985年、(株)本田技術研究所 入社
シャシー設計を経て、
'95年初代CR-Vのシャシー設計PL、
'01年2代目CR-Vの車体設計LPL代行を担当。
今回3代目CR-VのLPLを務める。
趣味は読書、模型工作。
愛車はステップ ワゴン、ライフ ダンク。

前のページへ 目次へ 次のページへ